伝統の桐箪笥(桐たんす)、モダン桐家具、桐玩具、桐小物の通販*オーダーメイドも承ります|茂野タンス店

有限会社 茂野タンス店 桐工房SHIGENO 創業1926年

伝統マーク 伝統マーク
承認番号「17-137」
「経済産業大臣指定伝統的工芸品加茂桐箪笥には、伝統マークを使った伝統証紙が貼られています。」

加茂箪笥協同組合
加茂箪笥協同組合
シンボルマーク

 

  • TOPページ
  • 会社案内
  • 所在地地図
  • ショールームのご案内
  • 受賞履歴
  • 製造工程
  • 桐タンス各部の名称
  • イベントのご案内
  • カタログ請求
HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記

社長日記

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

平成3年に製作した桐たんすを再生しました。

2018 0416

平成3年に弊社で製作した桐たんすを再生した。

約27年前の桐たんすである。

外側は変色のみであったが、内側はカビており、仕上げ直しを依頼された。


兼崎家具1

金具は茶金色で高級なタイプである。

デザインは今と同じようだが、この頃は、本体上台に前足が付いていた。


兼崎家具2

綺麗に仕上がった。

色は、製作した頃の黄色いトノコ色に戻った。


兼崎家具3

お盆に付着していたカビも取り除き、綺麗になった。


兼崎家具4

斜め前からの図である。

Kさま、ありがとうございました。

どうぞ今後とも宜しくお願い致します。



 

2018-04-16 09:23:26

コメント(0)

モダン桐家具を修理・再生して納品しました。

2018 0415

先日、東京世田谷区へモダン桐家具を修理・再生して無事に納品した。

Kさま、本当にありがとうございました。

約2年前に納めたが、忍び錠が掛からなくなったり、引出しがきつくなったりしていた。

その修理と、アクリル絵具が付いたので、それを除去するために仕上直しをした。


輿石さまネオパウ納品

オイル仕上げなので、トノコ仕上げよりも若干色むらがある。

キズは少ししか無く、大事にお使いのようであった。

Kさま、ありがとうございました。

どうぞ今後とも末永く宜しくお願い致します。
 

2018-04-15 18:31:31

コメント(0)

今年も桐たんす教室始まりました。

2018 0414

今年も桐たんす教室が始まった。 今年で第6回である。6年目に突入したわけである。

今年は、4名の方々が参加した。

応募はもっと多かったが、結局4名に絞られた。

遠くは富山県から来られた生徒さんもいる。

継続できる喜びと有難い気持ちでいっぱいである。

ありがとうございます。

第6回桐たんす教室1講義1

2チームに分かれて、こちらのチームは材料選定後の木取作業を行っている。


第6回桐たんす教室1講義2

桐板は、天然木なので、木の状態を見ながら、ここからここまでと決めてから木取する。


第6回桐たんす教室1講義3

こちらは、練習チームである。

カンナ掛けの練習である。


第6回桐たんす教室1講義4

こちらは、カンナ台を直しているところである。

定規をあてて、カンナ台が平らかどうか確認している。


第6回桐たんす教室1講義5

カンナの刃研ぎである。


多くの方々の力を借りて、今年も桐たんす教室を始める事が出来た。

本当にありがとうございます。

次回は、4月28日である。

 

2018-04-14 15:27:37

コメント(0)

鴨野新聞のバックナンバーを見る事出来るようになりました。

2018 0407

過去の鴨野新聞のバックナンバーを閲覧又はダウンロード出来るようになった。

ホームページの左に新たにバナーを設けた。

鴨野新聞のバナーから閲覧ページに入れる。

下記のサイトである。


http://www.kamono.com/original10.html

良ければ、観て下さい。
 

2018-04-07 14:56:48

コメント(0)

お父様形見の桐たんすを再生しました。

2018 0405

お預かりしていた古たんすを再生した。

お客様のお父様の形見だと聞いていた。

ご縁を頂き、お客様との出会いは広島県である。

納品先は、島根県である。


伊藤さま古たんす再生01

再生前である。

我々が知っている桐たんすとかなり型や仕様が違っていた。

金具も取れていて、引出しの底板、本体裏板は割れていた。


伊藤さま古たんす再生02

金具を新品に取り換えた。

トノコ仕上げで再生した。


伊藤さま古たんす再生03

本来は、重ねて使用する予定だったが、途中で横並びに置くとのご連絡を頂き、変更した。

右が下台だった箪笥で、左が上台だった箪笥である。

下台に天板を付けて、左の上台に台輪を付けた。


I さま、本当にありがとうございました。

良いご縁を頂きました。

どうぞ今後とも宜しくお願い致します。

 

2018-04-05 17:32:47

コメント(0)

エスカルゴ大和比を納品して来ました。

2018 0401


先日、ご注文頂き、エスカルゴ(大和比)を納品して来た。

エスカルゴは、桐の書棚である。建築家の川口とし子さんのデザインである。


松本さまエスカルゴ1

エスカルゴはキャスター付なので移動が出来る。

大和比とは、黄金比とは違うが、昔から縦横比として使用されて来た。


法隆寺などは、大和比の比率で建造された部分があるそうだ。




松本さまエスカルゴ2

固めて使うと四面ある。

松本さまエスカルゴ3

こちらの棚は、大きな書物も楽々入る。


松本さまエスカルゴ4

こちらは、文庫本などを入れる。


松本さまエスカルゴ0

全体象はこんな感じだ。


松本さまエスカルゴ5

開くとこのようになる。


松本さまエスカルゴ6 納品

お客様のご自宅に無事に納品した。

この後、エスカルゴを隣のお部屋に移動して、使用するらしい。

Mさま、本当にありがとうございました。


どうぞ今後とも末永く宜しくお願い致します。

2018-04-01 17:54:20

コメント(0)

昔の時代箪笥を再生しました。

2018 0330

先日、お預かりした時代箪笥を再生して、お届けして来た。

昨年の10月にお預かりして、約5ヶ月間掛かり、ようやく今月納める事が出来た。

Mさま、本当にありがとうございました。


松井さま時代箪笥再生1

再生前である。


松井さま時代箪笥再生3

再生後である。

金具が沢山付いており、錆びを取る作業に時間が掛かった。

また、箪笥本体も虫穴がひどく、木地直しに手間が掛かった。



松井さま時代箪笥再生2

正面からみると、新品のようである。


松井さま時代箪笥再生4

無事に納まった。

お客様のご自宅もリフォームが完成していて、とても綺麗なお部屋になっていた。

今回で3本目の古たんす再生であった。

Mさま、本当にありがとうございます。

どうぞ今後とも宜しくお願い致します。

2018-03-30 14:21:39

コメント(0)

加茂美人の湯に桐たんすを展示して来ました。

2018 0328

先日、加茂市の粟ヶ岳ふもとにある「加茂美人の湯」に桐たんすを展示して来た。

加茂箪笥組合の仕事で私と2社が協力して搬入した。


美人の湯に展示1

美人の湯は色々な方が来られる。

以前は桐たんすを触らないようにと掲示されていたが、今回は触って頂こうという展示にした。

トノコ仕上げだと汚れ易いので、今回はウレタン塗装のモノが主となった。



美人の湯に展示2

親から子への桐たんすのコンセプトパネルである。

文章は私が考え、加筆・修正した。


美人の湯に展示3

一番左は、センターテーブルである。

その隣は桐チェストである。


左2点は、デザインユニットGIBAによるデザインである。

加茂箪笥組合とGIBAがデザイン契約して製作した展示品である。

右の2点は、弊社以外のメーカーのデザインである。


美人の湯に展示4

美人の湯の外の風景である。

夕暮れ時のため、暗くなっていたが、粟ヶ岳は良く見えた。


美人の湯で展示5

天井が高い美人の湯の通路である。

美人の湯の美人スタッフの皆さん、搬入して頂いた組合メーカーの皆さん、

本当にありがとうございました。

 

2018-03-28 17:38:53

コメント(0)

4×4ディスプレイ台を納品しました。

2018 0327

昨日、特別ご注文の桐の棚を納品して来た。

弊社展示品に3×3ディスプレイ台があったが、4×4はそれよりも一回り大きいサイズである。

キャスター付きなので移動は楽である。

Mさま、本当にありがとうございます。

どうぞ今後とも宜しくお願い致します。


松本さま4✕4桐棚納品

左側に以前納めたネオパウNo.5がある。

大事にお使いのようである。

本当にありがとうございました。
 

2018-03-27 16:38:19

コメント(0)

富山県の永森家具店で展示会開催中です。

2018 0325

昨日から富山県射水市の永森家具で展示会「家具といけばな展」開催中である。

3月24日(土)~4月1日(日)まで開催している。

弊社から「ラ・キリ タワー」と「ラ・キリ 100B」を搬入した。



永森家具
〒939-0341 富山県射水市三ケ常盤町3331
電話 
0766-55-1270


永森家具展示会1

お花と蒔絵箪笥のコラボレーションである。


永森家具店展示会2

我々の製作する桐たんすとデザインはかなり違う。

広島県のメーカーによる高級桐たんすが多く展示されていた。


永森家具店展示会3

屏風も見事である。


永森家具店展示会4

こちらは、弊社の「ラ・キリ100B」である。

これらラ・キリシリーズは、ミラノ在住のデザイナー寺尾純氏のデザインである。


永森家具店展示会5

こちらも普段使いの桐たんすでは無く、美術品的な桐たんすである。

お花と合っている。


永森家具店展示会6

これは、弊社の「ラ・キリ タワー」である。

屏風の前に置かれている。

展示会は、4月1日まで開催されている。

富山のお近くの方は、是非お越し下さい。

永森さま、有難うございます。



 

2018-03-25 10:39:48

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5