伝統の桐箪笥(桐たんす)、モダン桐家具、桐玩具、桐小物の通販*オーダーメイドも承ります|茂野タンス店

有限会社 茂野タンス店 桐工房SHIGENO 創業1926年

伝統マーク 伝統マーク
承認番号「17-137」
「経済産業大臣指定伝統的工芸品加茂桐箪笥には、伝統マークを使った伝統証紙が貼られています。」

加茂箪笥協同組合
加茂箪笥協同組合
シンボルマーク

 

  • TOPページ
  • 会社案内
  • 所在地地図
  • ショールームのご案内
  • 受賞履歴
  • 製造工程
  • 桐タンス各部の名称
  • イベントのご案内
  • カタログ請求

商品カテゴリ

HOME»  ブログ記事一覧»  過去のブログ2012

過去のブログ2012

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

除夜の花火の立会い

2012 1231
 
 先日、今日打上げる除夜の花火の現場立会いを行なった。

 地元の消防署、新潟県の三条地域振興局の方々、阿部煙火工業の花火職人の皆さん、そして除夜の花火を打上げる会から
私シゲノが出て、2ヶ所の現場の確認作業を行なった。

 花火立会い1
花火立会い2

 除夜の花火は、今回で26回目。本当に良く続くものだと感心する。
 これも多くの方々のおかげであると言える。我々スタッフだけではなく、実に多くの方々のお力によって継続できているのである。

 除夜の花火新聞もできたので、後ほどホームページにもアップできると思う。

 ありがとうございます。

 下記は、一昨年の除夜の花火の画像である。冬の花火は、空気が澄んでいて、実にきれいである。
 しかも、花火の打ち上げ地点の真下近くまで行く事ができるので、4号玉とはいえ、大きく感じるのである。

花火画像1

花火画像2
 
 今晩、良ければ見に来てください。

 今晩8時から田上町で打上げます。

 ありがとうございます。
 

2012-12-31 15:21:14

コメント(0)   |  トラックバック (0)

小袖たんす七泉(なないずみ)の納品

2012 1223

先日、桐の小袖たんすを納品してきた。

お客様は、F様で、今年2本目の納品である。

福島さま七泉納品1
 
福島さま七泉納品2
 
 七泉という桐たんすの名前の由来は、引き出しが七杯あるので、七泉なのだが、実は、天泉(あまいずみ)という
小袖タンスや六泉(むついずみ)という小袖たんすが昔からあり、割と最近、七泉という引き出し七段のたんすを
製作したのである。

 そこから発生して、一昨年パリに持って行った桐たんすは、「五泉・いついずみ」と「三泉・みついずみ」という
文字通り、引き出しが五段と三段の小袖たんすがあった。

 今年2本目のFさま、本当にありがとうございました。
これからも末永くヨロシクお願い致します。

 帰りに頂いた、お寿司がとても美味しかったです。ありがとうございました。

 

2012-12-23 18:55:54

コメント(0)   |  トラックバック (0)

北川机の修理

2012 1222

 先日、お預りした北川机の修理をした。

 完全な修復ではなく、キズの痕(あと)を残しての修理となった。


 kitagawatukuesyuuri2
 
 お客様のⅠ様は、宮城県からわざわざ修理した北川机を取り来てくれた。
 
 桐素材と拭き漆は、相性が良いと思う。

 津波にもまれて漆は変色しているが、傷ついてないところは漆が桐を完全に守っている感じがした。

 永く使っていただき、感謝申し上げます。
 本当にありがとうございました。
 

2012-12-22 23:52:23

コメント(0)   |  トラックバック (0)

オリジナルの桐たんすを作ってみよう

2012 1213

 弊社では、新しい桐木工教室を開催することになった。

 下記の通り、ご案内する。




 オリジナルの桐の箪笥を作ってみよう

桐たんす教室のご案内

 
期日:平成25年4月1日から平成25年10月31日までの6ヶ月間
 
募集期間:平成24年12月15日から平成25年2月1日まで
 
場所:有限会社 茂野タンス店 工房内
   南蒲原郡田上町原ヶ崎30-1 電話:0256-57-3610
 
目的 
失われつつある、伝統技術を末代まで継承するために、また、桐たんすのファン
層を増やすために桐たんす教室を開催する。 受講生は、半年契約で桐たんすを
製作する初歩技術を学ぶ。半年後に自分が使用する桐たんすを完成させる。
 
内容 
毎月2回のペースで教室に通って頂きます。弊社作成のカリキュラムに則り、
前半では、練習用に桐の小箱を製作して頂きます。
職人指導のもと、自分でデザインとサイズ・構造を決めて、自分の使う桐たんすを製作します。
 
道具 
初期の段階では、弊社がレンタルします。段階が進んだら、各自で購入していた
だきます。進捗状況によって、個別にご相談に応じます。
 
面接 
募集期間終了後、受講者の面接を行ないます。主催者が面接によって、半年間の
教室に耐えうるか、受講生の意思を判断いたします。
 
募集人員 4組

応募資格 18歳以上の男女
(年齢制限の上限はありません。)

参加費  6万円(税込)

応募方法 住所、氏名、電話番号、年齢、応募動機を下記の申込み先に電話、FAX、ハガキ、
電子メールで直接お申込み下さい。
 
応募締切 平成25年2月1日
 
申込み先  有限会社 茂野タンス店   担当:シゲノカツジ
       新潟県南蒲原郡田上町原ヶ崎30-1
       電話:0256-57-3610   FAX0256-57-5222
       Email  info@kamono.com

2012-12-13 08:51:03

コメント(0)   |  トラックバック (0)

加茂市の石川小学校3年生が工場見学に来ました

2012 1212
 
 毎年、小学生が先生と一緒に工場見学に来社する。

 今回は、石川小学校の3年生である。2クラスが、2回に分けての工場見学だった。

 石川小工場見学2

石川小工場見学3

石川小工場見学4

石川小工場見学1
 
 小学生には、元気を感じる。パワーと言っても良い。不思議なくらい発想が豊かである。

 工場見学に有り難いと感じる。
 
 将来、この中から弊社に入社してくれる子がいればいいなあと、工場見学の度に思う。

 質問の内容は、いつも大体同じだが、時々ドキッとするような質問をする子がいる。

 そんな発想が豊かな子を大事にしたいと感じている。

 本当にありがとうございました。
 
 感謝です。

2012-12-12 21:04:55

コメント(0)   |  トラックバック (0)

除夜の花火を打上げる

2012 1212

 毎年、この時期になると、師走で忙しいのに加えて、除夜の花火を打上げる準備で忙しくなる。

 今年で26回目。私が事務局を担当してから、約16回目である。

 第10回が過ぎて、もう止めようというお話があり、それは、田上町にとってももったいないので、
続けようと事務局をかって出た。

 下記のサイトに昨年までの除夜の花火新聞が掲載されているので、ご覧あれ。

 http://www.geocities.jp/jyoyanohanabi/

 今年ももうすぐ終わろうとしている。

 2012年の12月の冬至で、マヤ暦が終わり、新しい時代が来るそうである。

 ある人は、終末であると言い、ある人は、アセッションが行なわれると言う。

 アセッションとは、次元上昇とも言われる。この世は、3次元世界であるが、4次元に次元が上昇するというのである。

 どちらにしても、今年で世界は終わりそうにない。

 悔いのない人生を精一杯生きようと思う。

 まだ、人生とこの世がある限りは、有り難いと思う。

2012-12-12 11:10:37

コメント(0)   |  トラックバック (0)

モダン桐家具 ラ・キリ タワーを納品してきました。

2012 1212
 
 先日、ご注文いただいた、「ラ・キリ タワー L-1」を納品してきた。ありがとうございました。
 
 デザインは、ミラノ在住の寺尾純氏である。

 渡辺さまタワー納品
 
 写真は、とりあえずお部屋に置いてみた図である。

 四本脚の底面部にプラパートが付いており、移動は割りとスムーズにできる。

 お客様のWさまは、この桐家具以外にも何点もお買い上げいただいている。

 本当に有り難いと思う。

 今後とも末永く、お付き合いの程、宜しくお願い致します。

 ありがとうございました。

2012-12-12 10:40:56

コメント(0)   |  トラックバック (0)

朝日新聞に掲載されました。

2012 1208

 先日、第12回親子による桐木工教室が朝日新聞に掲載されました。

 朝日新聞掲載2012

 朝日新聞の記者さん、親子による桐木工教室にわざわざ取材にお越し頂き、ありがとうございました。

 本当に感謝申し上げます。

2012-12-09 01:23:31

コメント(0)   |  トラックバック (0)

第12回親子による桐木工教室

2012 1128

 先週の日曜日に第12回親子による桐木工教室が開催された。

 第1回に参加された親子も来て、とても嬉しかった。ありがとうございました。

12回親子1

お母さんも一生懸命である。

12回親子2

桐は柔らかいのでお子さんでも割りと楽にノコギリで切断できる。

12回親子3

12回親子4

キリで穴を開けて、木釘かわりに爪楊枝を使う。

12回親子5

道具は、木工ボンド、紙テープ、輪ゴム、紙やすり、バケツ、歯ブラシなど

家庭で使用している、割と簡単なモノを使う。

12回親子6

午前の部、全員で記念写真である。ありがとうございました。

12回親子7

午後の部の記念写真である。

12回親子8

12回も継続できて、本当に嬉しいと思う。

親子で何かするのは、見ていて、やはり良い感じである。

ありがとうございます。

 

2012-11-28 10:25:06

コメント(0)   |  トラックバック (0)

第6回 大人のための桐木工教室

2012 1124

 今日、第6回大人のための桐木工教室が、午前と午後開催された。

 参加された皆さん、本当にご苦労さまでした。指導の坪谷さん、酒井君、ご苦労さまでした。

 本当にありがとうございました。

 感謝申し上げます。

 第6回大人1

第6回大人2

第6回大人3

午前の部、終了である。

20代から70代まで頑張って製作していただいた。

第6回大人4

午後の部、開始である。

第6回大人5

第6回大人6

第6回大人7

第6回大人8

第6回大人9

第6回大人10

午後の部、終了である。

午後は、全員女性であった。本当にありがとうございました。

  大人の桐木工教室も早、6回目である。昨年の4月から始めて、もう6回も数えることになる。

 参加していただいた方にその後を聞くと、大事にお使いのようである。スツールとして使用する方もいれば、モノを置く飾り台として使用している方もいるという。

 今後も継続で続けて行きたい。

 また、今後は新しい桐木工教室も開催の予定である。 ご期待下さい。

 

 ありがとうございました。

2012-11-24 19:45:31

コメント(0)   |  トラックバック (0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5