伝統の桐箪笥(桐たんす)、モダン桐家具、桐玩具、桐小物の通販*オーダーメイドも承ります|茂野タンス店

有限会社 茂野タンス店 桐工房SHIGENO 創業1926年

伝統マーク 伝統マーク
承認番号「17-137」
「経済産業大臣指定伝統的工芸品加茂桐箪笥には、伝統マークを使った伝統証紙が貼られています。」

加茂箪笥協同組合
加茂箪笥協同組合
シンボルマーク

 

  • TOPページ
  • 会社案内
  • 所在地地図
  • ショールームのご案内
  • 受賞履歴
  • 製造工程
  • 桐タンス各部の名称
  • イベントのご案内
  • カタログ請求

商品カテゴリ

HOME»  ブログ記事一覧»  過去のブログ2009»  除夜の花火を打上げる会

除夜の花火を打上げる会

除夜の花火を打上げる会

20091231

 

 今年も今日でおしまいである。早いものである。地球自体が次元上昇しているせいかどうかはわからないが、時間の進むスピードが確実に上がってきている感じがする。

 

 弊社のある、田上町では、毎年、大晦日の夜に除夜の花火が打ちあがる。今年で23回目である。先程、大雪・強風の中、今年も無事終了した。

http://www.geocities.jp/jyoyanohanabi/

 

 阿部花火屋の阿部社長さま、並びに花火職人の皆様、強風冷感の中、ご苦労様でした。本当に有り難うございました。毎年の事ですが、本当に感謝申し上げます。

 

 このイベントは、23年前に地元の酒屋さんと薬屋さんの開店祝いの花火がきっかけとなり、「大晦日の日に108発の煩悩を払う花火を上げよう」と半分しゃれから始まったと聞く。

 

 23年前のその頃は、私は、まだ事務局ではなかった。このイベントが十年続き、十一年めの時、止めようという話があり、田上の名物になっているのだから続けましょうということで、私が事務局に立候補して、あれから早13年がたった。

 

 私自身、数々の煩悩がある。とても多くて、祓っても祓っても祓いきれない気がするが、よくも23回も続いていると感心している。

 

 地元の方々で、冬の花火はイメージに合わないとか、又は音がうるさいなどとクレームも少しあり、過去に迷惑をお掛けした方々もいるらしい。ここでお詫び申し上げたい。本当に申し訳ありませんでした。

 

 我々が、勝手にやっている事なので、本当に申し訳ないと感じているが、主催者の我々も本当に必死でやっている。もしも、迷惑度が大きいのであれば、来年から止めてもよいのだ。と私は考える。

 

 一年の締めくくりと言う事で、大晦日から元旦にかけてのこの数時間は、毎年、神妙な気分になる。新年を迎えるにあたり、いつもとは違う、何か精神的に心が清められる気がする。

 

 心を入れ替えて、毎年、これから一年も頑張るぞという気になってくる。今、午後9時を少し回ったが、これから、明日の朝までの時間が、一年で一番好きな時間である。

 

 どうぞ、地球在住の皆さんにとって、来年一年が良い年でありますように!

2012-08-22 17:57:00

過去のブログ2009   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.kamono.com/app/TrackBack/receivetb/SID/m7087514/EID/176

トラックバック記事一覧