伝統の桐箪笥(桐たんす)、モダン桐家具、桐玩具、桐小物の通販*オーダーメイドも承ります|茂野タンス店

有限会社 茂野タンス店 桐工房SHIGENO 創業1926年

伝統マーク 伝統マーク
承認番号「17-137」
「経済産業大臣指定伝統的工芸品加茂桐箪笥には、伝統マークを使った伝統証紙が貼られています。」

加茂箪笥協同組合
加茂箪笥協同組合
シンボルマーク

 

  • TOPページ
  • 会社案内
  • 所在地地図
  • ショールームのご案内
  • 受賞履歴
  • 製造工程
  • 桐タンス各部の名称
  • イベントのご案内
  • カタログ請求

商品カテゴリ

HOME»  ブログ記事一覧»  過去のブログ2010»  桐タンスの世界

桐タンスの世界

桐タンスの世界

2010 0925

 

 昔、桐タンス星人というものを考えた事があった。

 

 アンパンでアンパンマンならば、桐タンスで桐タンス星人という訳だ。アンパンマン・ワールドがあるように、そこには桐タンス・ワールドがある。

 

 

 桐タンス星人は、遠い銀河の果てからやってきた。とするとかっこ良いが、そうではない。

 

 

 もともと、数千年前に植えた桐の木が、現代の今になり、すくすくと育ち、桐の木が多くなった。

 

 桐の木を植えた宇宙人が、それをもとに地球を救う為に1体だけ命を吹き込んだのが、桐タンス星人である。

 

 

 全宇宙において、地球は特殊な場を形成している。

 

 

 イメージしたものが、形になる事が、実に容易なのである。ある宇宙人は、それを心得ているので、イメージした瞬間にその物質が地球上に現れるのだ。

 

 

 良い事に使う宇宙人もいれば、人間を奴隷のように使い、悪用する宇宙人もいる。

 

 

 そんな善悪混じった地球において、ある宇宙人が桐の素材で人間を創るのである。それが、桐タンス星人である。

 

 

 桐の木で作るので柔らかい。衝撃には、弱い。しかし、火事には強い。

 

 

 桐タンス星人は、着物を守るために今日も戦うのである。

 

 という風に昔、考えた。単に桐タンスを商品だけにすると発展性が少ないが、桐素材と桐タンスをこのように物語風にして、キャラクターをつくると独特な世界が展開するのである。

 

 

 当時、桐でロボット型のものを製作して、中に私が入り、東京・表参道のベネトン前でビラ配りをしたのを覚えている。

 

 

 今、私は、絵本を作り、桐タンス・ワールドを展開したい。

 

 

2012-08-22 19:00:00

過去のブログ2010   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.kamono.com/app/TrackBack/receivetb/SID/m7087514/EID/199

トラックバック記事一覧