伝統の桐箪笥(桐たんす)、モダン桐家具、桐玩具、桐小物の通販*オーダーメイドも承ります|茂野タンス店

有限会社 茂野タンス店 桐工房SHIGENO 創業1926年

伝統マーク 伝統マーク
承認番号「17-137」
「経済産業大臣指定伝統的工芸品加茂桐箪笥には、伝統マークを使った伝統証紙が貼られています。」

加茂箪笥協同組合
加茂箪笥協同組合
シンボルマーク

 

  • TOPページ
  • 会社案内
  • 所在地地図
  • ショールームのご案内
  • 受賞履歴
  • 製造工程
  • 桐タンス各部の名称
  • イベントのご案内
  • カタログ請求

商品カテゴリ

祈ること

祈ること

2011 0317

 

 昔、大学生の頃、祈るという行為について教わった。

 

 祈るというと、宗教的なニュアンスが強くて、普段、人は余りやらないような感じもするが、実はそうではない。

 

 祈るという行為は、実は、普段、無意識に行なっているのだ。

 

 ああなれば良いなあ、こうなれば良いなあというのは、願望であるが、一種の祈りのようなものである。願望を実現するには、もっと強く願えば良いのである。

 

 祈りは、神との対話と言える。神というと、神様という風になるわけだが、神の概念は、神様だけではない。

 

 広義の意味で、神とは、この世界の上の世界の者とも言える。

 

 この世界が、3次元世界であるならば、4次元世界、5次元世界、6次元世界、7次元世界などの高次元世界の住民である。

 

 人間は、3次元世界にいるというが、 良く考えると、それは身体のことである。心は、どこにあるかと3次元にはないはずである。心は、3次元世界よりも高次元にあるに違いない。

 

 

 イメージが実現するというのは、ここにある。現実だけを見すぎていると、それを忘れてしまう事になる。まず、思うこと。次にイメージを膨らませて、祈ること。

 

 

 今の状況がとても悪くても祈ること。良くなると祈ること。今の私には、今回の大地震に対して、それしか出来ない。

 

 

 しかし、この祈りは、必ず通じるし、実現する。今は悪くても必ず良くなる。心を強くもって、生きていこう。

 

 

 必ず良くなると信じて、祈ろう。

 

 良いイメージを持ち続けよう。今は、被災者の方々の為に祈るのみである。

 

 祈ること。

2012-08-22 19:20:00

過去のブログ2011   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.kamono.com/app/TrackBack/receivetb/SID/m7087514/EID/213

トラックバック記事一覧