伝統の桐箪笥(桐たんす)、モダン桐家具、桐玩具、桐小物の通販*オーダーメイドも承ります|茂野タンス店

有限会社 茂野タンス店 桐工房SHIGENO 創業1926年

伝統マーク 伝統マーク
承認番号「17-137」
「経済産業大臣指定伝統的工芸品加茂桐箪笥には、伝統マークを使った伝統証紙が貼られています。」

加茂箪笥協同組合
加茂箪笥協同組合
シンボルマーク

 

  • TOPページ
  • 会社案内
  • 所在地地図
  • ショールームのご案内
  • 受賞履歴
  • 製造工程
  • 桐タンス各部の名称
  • イベントのご案内
  • カタログ請求

商品カテゴリ

HOME»  ブログ記事一覧»  過去のブログ2012»  不思議な靴下洗濯と神経衰弱

不思議な靴下洗濯と神経衰弱

不思議な靴下洗濯と神経衰弱

2012 0128

 

 毎日、洗濯をしていると必ず靴下が一方しかないのが出てくる。不思議である。洗濯場のものをすべて入れるのだが、どこで片方がなくなるのか、不思議である。

 

 私は、洗濯係で毎日、洗濯して、干して、干したものを取り込むまでの作業をする。その後の洗濯物をたたむのは、カミさんの仕事である。

 

 それでも毎日と言っていいほど、靴下が片方ない場合がある。不思議だ。

 

 いつかトランプの神経衰弱のような作業を片方ずつの靴下でやる事になるだろうか。

 

 そういえば、神経衰弱は、トランプのゲームの一種であるが、なぜ、神経衰弱という名前なのか、不明である。このゲームの名前の由来が知りたい。

 神経衰弱ではなくて、数合わせという名前の方が普通である。

 不思議である。

 

 新潟県限定の名前なのか。全国的にもやはり神経衰弱なのか。調べてみる価値はありそうだ。

 

 この不思議な名前のトランプゲームの由来を知っている方がいたら教えて下さい。

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

2012-01-28 20:51:00

過去のブログ2012   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.kamono.com/app/TrackBack/receivetb/SID/m7087514/EID/268

トラックバック記事一覧