伝統の桐箪笥(桐たんす)、モダン桐家具、桐玩具、桐小物の通販*オーダーメイドも承ります|茂野タンス店

有限会社 茂野タンス店 桐工房SHIGENO 創業1926年

伝統マーク 伝統マーク
承認番号「17-137」
「経済産業大臣指定伝統的工芸品加茂桐箪笥には、伝統マークを使った伝統証紙が貼られています。」

加茂箪笥協同組合
加茂箪笥協同組合
シンボルマーク

 

  • TOPページ
  • 会社案内
  • 所在地地図
  • ショールームのご案内
  • 受賞履歴
  • 製造工程
  • 桐タンス各部の名称
  • イベントのご案内
  • カタログ請求

商品カテゴリ

HOME»  ブログ記事一覧»  過去のブログ2012»  雪国新潟、加茂、田上

雪国新潟、加茂、田上

雪国新潟、加茂、田上

2012 0201

 

 私の住んでいる所は、新潟県加茂市である。盆地であり、昔から「北越の小京都・加茂」と言われる街である。

 

 中心を加茂川が流れ、大きな神社が二つある。そのうちの青海神社は、昔、京都から神社が分社されてきた。加茂の名前は、その神社の名前からきているらしい。

 

 となりの田上町に茂野タンス店工場がある。昭和52年頃に加茂市から移転してきた。

 

 加茂と田上は、兄弟のような町と言われる。加茂市では、昭和43年と44年に加茂川が氾濫し、大水害があり、加茂市の住民の一部が隣の田上町に移転した。

 

 生活圏が同じという方が、加茂と田上の場合、多くいる。

 

 我々桐たんす業界も同じで、昔は、加茂市にしかいなかった箪笥屋も現在は、田上だけで8軒もいる。みんな加茂市から田上町へ移転したのだ。理由は、加茂市の工場だと手狭で広い土地を求めて、田上町へ移転したのだ。

 

 しかし、伝統的工芸品に指定されているために、当時の申請通り、本社を加茂市に置かなければならないのである。

 

 実際は、事業拠点が田上町にあっても本籍は、加茂市に置かなくてはならない訳である。

 

 私は、毎日、加茂市と田上町を通勤の為に行ったり来たりしている。二つの街は、私にとって、とても心地の良いふるさとなのである。死ぬまでこれらの空間は、私にとって、良い場所なのである。

 

 今、雪がシンシンと降っている。とても寒い。明日の朝も雪かきである。

 

 おやすみなさい。

 

 ありがとうございます。

2012-02-02 01:33:00

過去のブログ2012   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.kamono.com/app/TrackBack/receivetb/SID/m7087514/EID/279

トラックバック記事一覧