伝統の桐箪笥(桐たんす)、モダン桐家具、桐玩具、桐小物の通販*オーダーメイドも承ります|茂野タンス店

有限会社 茂野タンス店 桐工房SHIGENO 創業1926年

伝統マーク 伝統マーク
承認番号「17-137」
「経済産業大臣指定伝統的工芸品加茂桐箪笥には、伝統マークを使った伝統証紙が貼られています。」

加茂箪笥協同組合
加茂箪笥協同組合
シンボルマーク

 

  • TOPページ
  • 会社案内
  • 所在地地図
  • ショールームのご案内
  • 受賞履歴
  • 製造工程
  • 桐タンス各部の名称
  • イベントのご案内
  • カタログ請求

商品カテゴリ

HOME»  ブログ記事一覧»  過去のブログ2012»  音の出る桐たんす

音の出る桐たんす

音の出る桐たんす

2012 0309

 

 昔、音の出る桐たんすがあった。最近は、音の出る桐たんすを製作しているなどのお話は、聞かないが、昔は、確かにあった。

 

 なぜ、音が出るのか?理由は、とても簡単である。

 

 

 桐たんすの場合、引出しを引いて、戻すと、引出しの奥で空気の移動がある。空気圧で別の引出しが出てしまう。

 

 展示会などで初めてこの突然出てくる引出しを体験する方は、一様に驚かれる。小学生が、工場見学に来ると、ちびっ子のみんなは、ほとんど驚く。

 

 海外見本市でも驚く方が多い。ディズニーのアニメに出てくるような家具と言えば、イメージがわくであろうか。

 

 空気圧のせいで他の引出しが出てきて、なかなか引出しが閉まらないのである。

 

 それだけ、桐たんすの機密性が高いからと言える。

 

 その空気圧を上手く利用して、箪笥内部の空気の移動に目を付けた先人は、泥棒対策の箪笥として、箪笥内部に一種の笛のようなものを付けて、泥棒が箪笥を開けたり締めたりする度に音がでる仕組みの箪笥を考えた訳である。

 

 話には聞いていたが、実際に先日、その昔の箪笥を預かり、見てみると、良く考えたものだなあと感心した。

 

 桐で出来た琴があるのだから、特殊な楽器を桐で作ってみたいと、私は前から思っていた。

 

 イメージを膨らませて、今、スケッチしてみた。

 

 ご期待下さい。10年後には、商品化なるかもです。

 

 ありがとうございました。

 

2012-03-09 18:39:00

過去のブログ2012   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.kamono.com/app/TrackBack/receivetb/SID/m7087514/EID/291

トラックバック記事一覧