伝統の桐箪笥(桐たんす)、モダン桐家具、桐玩具、桐小物の通販*オーダーメイドも承ります|茂野タンス店

有限会社 茂野タンス店 桐工房SHIGENO 創業1926年

伝統マーク 伝統マーク
承認番号「17-137」
「経済産業大臣指定伝統的工芸品加茂桐箪笥には、伝統マークを使った伝統証紙が貼られています。」

加茂箪笥協同組合
加茂箪笥協同組合
シンボルマーク

 

  • TOPページ
  • 会社案内
  • 所在地地図
  • ショールームのご案内
  • 受賞履歴
  • 製造工程
  • 桐タンス各部の名称
  • イベントのご案内
  • カタログ請求

商品カテゴリ

HOME»  ブログ記事一覧»  過去のブログ2013»  公明新聞に弊社が載りました。

公明新聞に弊社が載りました。

公明新聞に弊社が載りました。

20130114

 昨年の10月22日、公明党の機関紙である公明新聞に弊社が記事として掲載された。

 ありがとうございました。

 加茂の桐たんすなんて、海外に売れる訳が無い。と昔、言われた。  今でも言われている。

 しかし、実際は違うのだ。 

 間違いなく、加茂の桐たんすは、海外で通用する。

 それに気が付いたのは、2003年のイタリア、ミラノサローネの展示会だ。

 高度な桐たんすと類する収納家具が他に無いと言う事が、当時わかったのである。

 実際の所、海外での桐たんすの販売量は、まだ、かなり少ないが、日本の骨董家具は、ヨーロッパで市場が出来ている程である。

 他の日本の伝統工芸品も最近、売れ始めている。
 
 難しい面もあるのだが、ニッチな収納家具も世界中がターゲットになると、加茂の産地が1年間で生産する量を展示会期間中の数日間で受注するなんてこともあるのだ。

 世の中は、グローバル化していて、桐たんすは、世界中で日本人しか生活道具として使用していない。
 
 大事なことは、桐の木が世界中に存在しているにも関わらず、高級家具として使用しているのが、日本人だという事である。

 日本のワビ、サビという言葉に代表されるような家具が、正に桐家具、桐たんすと言えるのである。

 公明新聞記事

公明新聞経済部の西山さん、本当にありがとうございました。

年賀状もありがとうございました。返事も出さないで申し訳ありません。

どうぞ今後ともヨロシクお願い致します。

ありがとうございました。

2013-01-14 21:30:35

過去のブログ2013   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.kamono.com/app/TrackBack/receivetb/SID/m7087514/EID/412

トラックバック記事一覧