伝統の桐箪笥(桐たんす)、モダン桐家具、桐玩具、桐小物の通販*オーダーメイドも承ります|茂野タンス店

有限会社 茂野タンス店 桐工房SHIGENO 創業1926年

伝統マーク 伝統マーク
承認番号「17-137」
「経済産業大臣指定伝統的工芸品加茂桐箪笥には、伝統マークを使った伝統証紙が貼られています。」

加茂箪笥協同組合
加茂箪笥協同組合
シンボルマーク

 

  • TOPページ
  • 会社案内
  • 所在地地図
  • ショールームのご案内
  • 受賞履歴
  • 製造工程
  • 桐タンス各部の名称
  • イベントのご案内
  • カタログ請求

商品カテゴリ

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記»  桐の長持ちを差し上げます。

桐の長持ちを差し上げます。

桐の長持ちを差し上げます。

2016 0103

新春のお祝いとして、以前、お客様から頂いた、桐の長持ちをご希望の方に差し上げる。

ただし、下記の条件を満たす方のみである。

①長持ちを弊社まで取りに来る事。

②自家用で使用する事。

③転売しない事。


先着順でお待ちしております。

ご希望の方は、下記までご連絡下さい。

茂野タンス店 電話:0256-57-3610

長持ち1

外寸サイズは、横幅1,800×奥行700×高さ705mm  である。



長持ち2

「五三桐」の家紋が付いている。

大阪のお客様から頂いたものだから、豊臣家の関係かなとも思った。


長持ち3

天板は、大きなカマボコ状になっている。

脇の金具は、棒通しと言って、ここに棹(棒)を通して、担いで運んだと言われる。


長持ち4

内寸サイズは、横幅1,715×奥行623×高さ555mmである。

内寸にフタのスペースは含まれない。本体のみのサイズである。


長持ち5

かなり大きいのだが、総桐なので、軽い。

昔、箪笥が一般的に使用される前は、この長持ちが主流であった。

もちろん、長持ちを使えるのは、経済的に富んだ方に限られていたようだが、長持から箪笥に変わるのは、

江戸の大火事が理由であるらしい。

弊社では、お客様から頂いて、しばらく、寝かせていたのであるが、実際に使用できる方に譲ろうと思う。

サイズが大きいので、使用出来る方は、限られると思う。

ご希望の方は、ご連絡下さい。

茂野タンス店 電話:0256-57-3610


どうぞ宜しくお願い致します。

2016-01-03 18:11:28

社長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント