伝統の桐箪笥(桐たんす)、モダン桐家具、桐玩具、桐小物の通販*オーダーメイドも承ります|茂野タンス店

有限会社 茂野タンス店 桐工房SHIGENO 創業1926年

伝統マーク 伝統マーク
承認番号「17-137」
「経済産業大臣指定伝統的工芸品加茂桐箪笥には、伝統マークを使った伝統証紙が貼られています。」

加茂箪笥協同組合
加茂箪笥協同組合
シンボルマーク

 

  • TOPページ
  • 会社案内
  • 所在地地図
  • ショールームのご案内
  • 受賞履歴
  • 製造工程
  • 桐タンス各部の名称
  • イベントのご案内
  • カタログ請求

商品カテゴリ

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記»  お客様へメンテナンスに行って来ました。

お客様へメンテナンスに行って来ました。

お客様へメンテナンスに行って来ました。

2016 0117

昨年の12月にお客様の所へメンテナンスに行って来た。

カギが掛かりにくいのだと言う。

桐たんすのカギは、何種類かある。私が知る限りでは、最近のもので3タイプある。

忍び錠に至っては、数多くある。

今回は、割と簡単にカギを掛ける事が出来た。良かった。


諸橋さまメンテナンス

伝統的デザインの桐たんすである。

やはり畳のお部屋に似合う。

この桐たんすは、丁度1年程前に仕上げ直しをしたばかりであった。

よく考えると、桐たんすと普通の家具は色々な点で違いがある。

安い洋家具と桐たんすでは造りも違うが、金具も違う。

桐たんすは、耐久性があり使用年数が長いので、丁番も原始的な構造である。

比べて、洋家具の主流は、スライド丁番である。

なぜ、桐たんすが長く使えるのか。

一つの理由で、金具の構造があげられる。

今も昔もほとんど変わらない構造であるからだ。

デザインは、変化しているが、構造はほとんど同じである。

サイズが違っているが、大きな問題ではない。

先人の知恵が、100年以上使える桐たんすを培ったのだろう。

Mさま、ありがとうございました。

いつでもお声がけして下さい。また、メンテナンスに行きます。

どうぞ今後とも末永くヨロシクお願い致します。



2016-01-17 18:18:00

社長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント