伝統の桐箪笥(桐たんす)、モダン桐家具、桐玩具、桐小物の通販*オーダーメイドも承ります|茂野タンス店

有限会社 茂野タンス店 桐工房SHIGENO 創業1926年

伝統マーク 伝統マーク
承認番号「17-137」
「経済産業大臣指定伝統的工芸品加茂桐箪笥には、伝統マークを使った伝統証紙が貼られています。」

加茂箪笥協同組合
加茂箪笥協同組合
シンボルマーク

 

  • TOPページ
  • 会社案内
  • 所在地地図
  • ショールームのご案内
  • 受賞履歴
  • 製造工程
  • 桐タンス各部の名称
  • イベントのご案内
  • カタログ請求

商品カテゴリ

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記»  桐丸太の木はずみに行って来ました。

桐丸太の木はずみに行って来ました。

桐丸太の木はずみに行って来ました。

2016 0708

先日、桐たんすに使用する桐丸太の木はずみに行って来た。

これらの丸太が実際に桐たんすになるのは、だいたい3年後くらいだろう。

木はずみは、実に地味な作業であるが、大事な作業でもある。

丸太の長さを節目で切断したりする作業である。

長年、桐材を扱っている業者さんと一緒に木はずみをした。

Kさん、ありがとうございました。


桐の木はずみ1

チェーンソーで丸太を切断していく。

弊社の坪谷は、切断する箇所にマーキングしていく。


桐の木はずみ2

桐丸太の小口を見ると、性質が良いかどうかが大体わかる。


桐の木はずみ3

これら桐丸太は、すべて新潟県産材である。


桐の木はずみ4

これらの桐の原木が、約3年間の長い工程を経て、綺麗な桐たんすに変わる。

考えてみると、箪笥屋というのは、桐の木と言う自然の力を得た商売である。

正に有難いと強く思う。



ありがとうございます!

m(_ _)m
 

2016-07-08 19:16:06

社長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント