伝統の桐箪笥(桐たんす)、モダン桐家具、桐玩具、桐小物の通販*オーダーメイドも承ります|茂野タンス店

有限会社 茂野タンス店 桐工房SHIGENO 創業1926年

伝統マーク 伝統マーク
承認番号「17-137」
「経済産業大臣指定伝統的工芸品加茂桐箪笥には、伝統マークを使った伝統証紙が貼られています。」

加茂箪笥協同組合
加茂箪笥協同組合
シンボルマーク

 

  • TOPページ
  • 会社案内
  • 所在地地図
  • ショールームのご案内
  • 受賞履歴
  • 製造工程
  • 桐タンス各部の名称
  • イベントのご案内
  • カタログ請求

商品カテゴリ

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記»  桐材の放射能を測定しました。

桐材の放射能を測定しました。

桐材の放射能を測定しました。

2016 1007

先日、お客様からのご依頼で放射能を測定した。

桐材に含まれる放射能の数値を測定した。

通常、自然界にも放射能はあり、人間の体にも含まれていると言う放射能。

福島の原発事故で放射を測定する自治体が増えたが、加茂市から放射能測定器を借りてきて測定した。

このような機会を与えて頂いたMさま、本当にありがとうございます。


放射能測定1

桐板を順番に測定してみた。

計測手順にのっとり、一度でなく、何度も計測した。


放射能測定2

弊社の桐材在庫は、桐たんすを2~3年程度製作する分の数量がある。

全ては無理なので、屋内の桐材置き場の一部を測定してみた。


放射能測定6

結果は、0.04マイクロシーベルト毎時となった。

通常の数値は、0.01~0.16マイクロシーベルト毎時だから、十分許容範囲と言える。


放射能測定4

こちらの金属の箱に測定器が入っている。


放射能測定5

こちらが、放射能測定器である。

シンチレーションサーベイメーターという器械である。

桐材の放射能を測定して欲しいというメールを頂いた時は驚いたが、

こういう依頼が無ければ、放射能測定器に触れることは無かっただろう。

加茂市の担当者さん、お客様のMさま、本当にありがとうございました。

どうぞ今後とも宜しくお願い致します。




 

2016-10-07 04:18:45

社長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント