伝統の桐箪笥(桐たんす)、モダン桐家具、桐玩具、桐小物の通販*オーダーメイドも承ります|茂野タンス店

有限会社 茂野タンス店 桐工房SHIGENO 創業1926年

伝統マーク 伝統マーク
承認番号「17-137」
「経済産業大臣指定伝統的工芸品加茂桐箪笥には、伝統マークを使った伝統証紙が貼られています。」

加茂箪笥協同組合
加茂箪笥協同組合
シンボルマーク

 

  • TOPページ
  • 会社案内
  • 所在地地図
  • ショールームのご案内
  • 受賞履歴
  • 製造工程
  • 桐タンス各部の名称
  • イベントのご案内
  • カタログ請求

商品カテゴリ

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記»  心の苗を育てる会

心の苗を育てる会

心の苗を育てる会

2017 0104

以前、心の苗を育てる会というボランティア団体が加茂市にあった。

子供が生まれたら桐の苗木を植えて育てよう。という趣旨で実際に沢山の桐の木を植えた。

私も当初、スタッフとして参加していたが、仕事の忙しさに負けて、参加出来なくなった。

活動は約16年程度継続できたが、水害などで桐の木が壊滅的になり、途中で頓挫した形で終わった。

しかし、駄目になった桐の木をSさんは自ら引取りに行き、桐の原木を弊社に預けてくれた。

一昨年の事である。

その後、材料を寝かせて、ご依頼の桐小箱を製作した。

坂井さま桐小箱 心の苗を育てる会

実際のところ、桐の原木の状態は余り良くなかった。

かなり虫に喰われており、使えるところが少なかった。

しかし、何とか桐小箱を製作できた。

職人に感謝したい。

Sさんにも感謝である。

大昔は、娘が生まれたら桐の木を植えて、結婚したら桐たんすにして、嫁ぐという風習が新潟県と

広く東北地方にはあった。

桐の木はわずか20年程度で成木するし、桐たんすを結婚の際に持たせるというのは

当時は珍しい事ではなかった。 

様々な諸条件があり、娘が生まれたら桐の木を植えると言うは、当時は理にかなっていたである。

今は、桐たんすを必要としない方が増えたので、それらを復活させるのは難しい話なのだが、

心の苗を育てる会はそれに近い事を目指したのである。

今回製作した桐小箱は、心の苗を育てる会の成果物と言える。

関係した皆さん、代表のKさん、本当にご苦労さまでした。

本当にありがとうございました。

2017-01-04 17:34:31

社長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント