×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

9名様が工場見学に来られました。

2021 1019

今日は火曜日。

衆議院議員の選挙が今日から始まった。

31日が投票日である。




今日は、県外から工場見学に来られた方々がいた。

工場見学9名のうち、7名は東京から、2名は県内からである。

ベルナティオ001

先ずは桐の木の説明から。

桐の素材の特徴など、また、桐の木の所属がゴマノハグサ科から変わって、

新しくキリ科が誕生した事などを説明させて頂いた。

ベルナティオ002

柾寄せの工程の説明。


ベルナティオ003

こちらは組立場。

小袖たんすを製作しているのを見学している図。



ベルナティオ004

ショールームで「ラ・キリ ネーロ」の説明。

十日町市のホテルに宿泊したお客様が弊社に来られての工場見学だった。

ホテルのスタッフの皆さん、お越しの皆さん、本当にありがとうございました。
 

2021-10-19 17:32:41

コメント(0)

折りたたむ

桐ネストテーブルを出荷しました。

2021 1018

今日は月曜日。




先日、ご注文の桐ネストテーブルを出荷した。

出荷というよりもお客様宅へお届けしたと言った方が正しい。

桐ネストテーブルをギフトとして使うとのお話。

段ボール箱に入れて、包装紙をかけて、のし紙を付けた。

ネストテーブル001

桐ネストテーブル (3脚1組)
 
ウレタン塗装

価格 55,000円(税込)

大:横幅520×奥行340×高480mm  
中:横幅476×奥行320×高457mm  
小:横幅432×奥行300×高434mm

重量:大1.8kg 中:1.5kg 小:1.2kg 

とても軽くて移動は楽である。

ネストは巣の意味だ。

3脚が一つにピタリと納まる。

特注サイズのネストテーブルも承る。

是非ご相談あれ。

ネストテーブル002

ネストテーブル003

ネストテーブル004

ネストテーブル005

ネストテーブル006

いずれはネストスツールの定番を作りたいと思う。

Kさま、ありがとうございました。

どうぞ今後とも宜しくお願い致します。
 

2021-10-18 19:07:00

コメント(0)

折りたたむ

龍の畳を見て来ました。

2021 1017

今日は日曜日。

久しぶりの休日なのでゆっくりと過ごしている。

昨日のピータ・バラカンのNHKラジオ「ウィークエンドサンシャン」を聴きながら

ブログを書いている。




先週で茂野タンス店二代目、茂野榮一の四十九日も無事に終わり、

お寺さまにお邪魔して来た。

お話のあと、龍の畳を敷いたお部屋を見せて頂いた。

龍の畳001

畳というのは普通、長方形だが、これは特殊な畳である。

龍の形をした畳であるが、見る方向によって色が変わる。

畳自体に目があるためで、普通の畳も色は変わっているのだが意識した事は無い。

畳を絵のようにして製作するのは困難な作業であろうが、

この龍の畳を作った職人さんは、まだ若く、色々な畳を製作しているようだ。

ご住職さんの熱の入ったご説明に家族一同聴き入っていた。


龍の畳002

上記は江戸時代のモノだと言う。

不思議なかたちをしたものだから、ご住職さんに質問したが、良く判らないとのお話。

パイナップルなのか、魚のしっぽなのかは判らないが、江戸時代のモノとだけは判明しているらしい。


龍の畳003

こちらは中村謙二さんの漆絵の作品。

幻想的な不思議な作品である。

中村さんは、加茂市の漆工芸作家であるが、新潟県内でも有名な方である。


龍の畳004

こちらも中村謙二さんの作品である。

作風が全く違う。 若い頃の作品だろうか?


龍の畳005

こちらは紙で作った錦鯉である。

お寺さまは、本量寺さまと言って、代々我が家はお世話になっている。


ご住職さま、本当にありがとうございました。

どうぞ今後とも宜しくお願い致します。

 

2021-10-17 13:51:41

コメント(0)

折りたたむ

2が6つ。

2021 1016

今日は土曜日。

ラジオマンジャックを聴きながらブログを書いている。



先日、自家用車の走行距離を見たら偶然2が6つになっていた。


2が6つ

思えば、この車は購入して20年が経つ。

222,222キロも走った。

トヨタのガイアという5ナンバーの車である。

結構キズだらけだが、愛着はある。

元々カミさんが使っていた車だが、今は私が乗っている。

あと1年くらいは走りたいと思う。

ガイアさん、ありがとうございます。
 

2021-10-16 17:11:29

コメント(0)

折りたたむ

3.5天丸下三大洋を再生&改造しました。

2021 1015

今日は金曜日。

週末である。

今日も一日出たり入ったり忙しかった。





先日、昭和60年代に製作された桐たんす「3.5天丸下三大洋」を再生&改造した。

下三大洋改造001

正面から見た図。再生前である。


下三大洋改造002

この黒いしシミのようなものはカビである。

桐たんすの前面にはカビが沢山付着していた。


下三大洋改造003

下三大洋改造004

扉を開けた図。

お盆も酸化して真っ黒になっていた。


下三大洋改造005

お盆の底板は綺麗である。


下三大洋改造006

斜め前から見た図。


下三大洋改造007

再生後である。

今回のご注文は、上台と下台を別々に使うとの事。

上台は小袖大洋として使う。

下台に付いていた台輪をそのまま使用する。


下三大洋改造008

扉を開けた図。

見違えるように綺麗になった。


下三大洋改造009

再生後、斜め前から見た図。


下三大洋改造010

この金具のメッキは不思議と劣化していない。

とても30数年前の金具とは思えないほど綺麗である。


下三大洋改造011

再生後である。下台は四本脚にした。

弊社の定番商品、栄一に似たプロポーションである。


下三大洋改造012

斜め前から見た図。


下三大洋改造013

斜め上から見た図。


下三大洋改造014

引手金具もこの通り綺麗のままである。



下三大洋改造015

畳のお部屋に無事に納まった。


下三大洋改造016

こちらはフローリングのお部屋に納まった。

壁際に丁度のサイズで良かった。


Tさま、本当にありがとうございました。

どうぞ今後とも末永く宜しくお願い致します。
 

2021-10-15 18:00:18

コメント(0)

折りたたむ

加茂市七谷のオープンガーデンに行って来ました。

2021 1014

今日は木曜日。

衆議院が解散の日である。

午後から解散して、衆議院議員選挙戦へと突入した。

一日とても天気が良かった。

気持ちの良い一日だった。



先日、「キャレル」という県内の雑誌に載っていた、「オープンガーデン」に

行って来た。

何と驚くなかれ、私の従姉のお宅だった。

加茂市の七谷地区、上土倉にあるお庭だ。

オープンガーデン001

右上に写っているのは、飛行機では無く、トンボである。

偶然撮る事が出来た。

広い芝生があり、周りにお花が植えられている。

オープンガーデン002

紫のお花、名前は何というのか?


オープンガーデン003

オープンガーデン004

オープンガーデン007

オープンガーデン005

オープンガーデン006

季節柄、お花は少ないようだが、それでも結構咲いていた。


綺麗なお庭、綺麗なお花、Tさん、Hちゃん、ありがとうございました。



 

2021-10-14 19:51:00

コメント(0)

折りたたむ

ソーシャルディス”たんす”で、今年もお願いします。

2021 1013

今日は水曜日。



来月の11月5日(金)~7日(日)の3日間、加茂桐箪笥まつりが加茂市産業センターで開催される。

弊社ショールームにポスターを貼ってみた。


ソーシャルディスたんす001

今年は初めて「みんなでカンナ削り大会」が開催される。

カンナ削り大会で見事優勝した方にはモダン桐家具(50万円相当)が贈られる。

制限時間3分間で、カンナ屑を一番多く削った方が優勝となる。

その他、桐たんす屋巡りも行なわれる。

参加桐たんす屋は、5社である。

ソーシャルディスたんす002

少し引いて撮ってみた。


ソーシャルディスたんす003

あと1ヶ月間も無い。

あっと言う間にやって来る気がする。

そして、あっと言う間に終わる気もする。

開催に向けて現在準備中である。

関係者の皆さまに御礼を言いたい。


 

2021-10-13 16:40:19

コメント(0)

折りたたむ

道の駅たがみでクラフト展をやっていました。

2021 1012

今日は火曜日。

昨日は当初「スポーツの日」だったので、カレンダーは祝日のままである。

東京オリンピック開催になったため、急きょ昨日の祝日が7月23日に移動されたのである。

決定が遅かったためにカレンダーは祝日のままなのは判るが、

企業によっては、昨日お休みのところもあったと聞いた。

少し驚いたが、なるほどと思った。




先日の日曜日、道の駅たがみに寄った。

新潟県クラフトマンクラブ主催のクラフト展を開催していた。

道の駅でクラフト展001

渡辺君も出品していた。


道の駅でクラフト展002

こちらはご存知、坪源の栗林君である。

今回も新作を引っ提げてやって来た。

道の駅でクラフト展003

こちらはキリン。背が高い。

古町にある名物食堂前に置いてあるのと似ている。


道の駅でクラフト展004

定番の商品群。


道の駅でクラフト展005

昨年、初めて制作したと思われるアマビエ。

弊社の玄関にも飾られている。


道の駅でクラフト展006

手前のフクロウ(?)も不思議な感じを醸し出している。


道の駅でクラフト展007

こちらは新作のイワナである。8,800円である。


道の駅でクラフト展008

テンセグリティ構造の新作である。

坪源さんは、今回沢山売れたようである。

本人は意識していないようだが、素晴らしいと思うのは、坪源さんのモノ作りへの執着である。

実に多くの作品を制作している。

しかも、全てオリジナルのものである。

他からパクったと本人は言うのだが、しっかりとアレンジして自分の味を出している。


坪源さんを見習いたいと思った。

ありがとうございます。


 

2021-10-12 19:00:18

コメント(0)

折りたたむ

押入れ箪笥を製作しました。

2021 1011

今日は月曜日。

新しい週である。

午前は会社にいてお仕事。

午後は会議であった。




先日、特注の押入れ箪笥を製作した。

押入れ箪笥001

正面から見た図。

キャスター付の小袖三段である。


押入れ箪笥002

奥行がかなり深い。


押入れ箪笥003

上から見た図。


押入れ箪笥004

トンボである。


押入れ箪笥005

引明と丸かんである。

銀イブシ総唐草という名前の金具である。


押入れ箪笥006

お客様の押入れに無事に納まった。

Hさま、ありがとうございました。

どうぞ今後とも宜しくお願い致します。



 

2021-10-11 18:45:48

コメント(0)

折りたたむ

日音を二棹納品して来ました。

2021 1010

今日は日曜日。

完全休業日と思いきや、お客様からご連絡頂き、再生した古たんすを見たいとの

お話。 夕方なら大丈夫だったので、夕方に会社を開けた。

わざわざ遠方から来られるのは本当に有難いと思った。





一昨日、ご注文の桐たんすを二棹納品して来た。

日音・開と日音・昇である。

どちらも横幅1,100×奥行470×高さ1,760mmである。

日音二棹納品

右が日音・開で、左側の整理たんすが日音・昇である。

金具が違うので対のたんすと言う訳では無い。

こちらのお部屋は、箪笥部屋となっており、今回納めた二棹を入れると

全部で七棹の桐たんすがあり、他に二棹小袖たんすがあった。

常連のKさま、本当にありがとうございます。

どうぞ今後とも末永く宜しくお願い致します。


 

2021-10-10 19:29:53

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5