×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

もんじゃ焼きを業界人で食しました。

2018 0921

先日、ギフトショーに参加の桐たんすメーカーで一緒に夕食を食べた。

鉄板の上で皆で焼いて食した。


もんじゃ焼き1

先ずは鉄板を熱くする。


もんじゃ焼き2

最初はお好み焼き。一番年下で大阪帰りの彼が活躍した。

私のとなりの彼は、とても機敏に動く。



もんじゃ焼き3

今度はもんじゃ焼である。

私はもんじゃ焼きは本当に久しぶりである。

隣の彼は気が利いて、良く動く。

隣の彼と真向いの彼女がテキパキと動いて調理してくれる。

他の皆さんは、私も含めて見て食べるだけである。


もんじゃ焼き4

今度は焼きそばである。

結構な量になった。

この時点でかなりお腹はいっぱいになった。


もんじゃ焼き5

最後は紅ショウガで完成である。

皆で食べるのは楽しいものである。

全て業界人なので、ボケと突っ込みも面白い。

調理担当の彼と彼女に感謝である。

ありがとうございました。

2018-09-21 17:45:13

コメント(0)

折りたたむ

地元の小学生が工場見学に来られました。

2018 0920

地元の下条小学校から工場見学に来られた。

2クラスあるが、別々の日に来て頂いた。

2クラスに一度だと50人以上になり、話を聞かない子が多いからだ。

1クラスずつ来て頂き、同じ内容を2度説明した。

1クラスの方が、私も生徒も集中できるからだ。

引率の先生、昨年に引き続きありがとうございました。


小学生見学01

伝統工芸士の堀が作りながら説明している。

真剣に聴く小学生。

先生の教えが良いのか、元気の良い子が多かった。

何よりも声が大きくて良かった。


小学生見学02

みんなでピースである。

良い笑顔である。


小学生見学03

こちらは材料置き場である。

工場見学における説明の川上にあたる。


小学生見学04

今日は3人が組立場におり、職人3人とも組立作業をしていた。

生徒さんは、各々質問を交わしていた。



小学生見学05

2クラスめの記念撮影。

無事に終了した。

生徒さん、先生、皆さんご苦労様でした。

将来、職人を目指すなら、是非、弊社の門も叩いて下さい。

ありがとうございました。
 

2018-09-20 18:16:02

コメント(0)

折りたたむ

2018東京ギフトショーに出品しました。

2018 0920

先日、東京ビックサイトで2018東京ギフトショーが開催された。

弊社も加茂箪笥協同組合のブースにて出品した。

東の7ホールでの出展だった。


2018ギフトショー1

真っ赤な派手なデザインである。

初日は台風のために来場者が記録的に少なかったという。

その中でも大勢の皆さんからご来場頂いた。


2018ギフトショー5

通路は広く、ゆったりとした感じの展示会場であった。


2018ギフトショー2

加茂箪笥協同組合のブースである。

黒を基調した一部格子のあるディスプレイとなっている。


2018ギフトショー3

弊社の桐小物である。

引き合いがとても多く、有難いと感じた。


2018ギフトショー4

ラ・キリ タワーとラ・キリ 100である。

右側にラ・キリ ロッソである。



ギフトショーは今年で4回目である。

継続は力なり。

ギフトショーの来場者は多く、より大勢の方に桐たんすを知って頂けた事と思う。

本当にありがとうございました。

 

2018-09-20 17:03:21

コメント(0)

折りたたむ

桐でカウンターを作りました。

2018 0919


だいぶ前の話になるが、ある事業所さんからのご注文で桐のカウンターを製作した。

弊社は材料と加工のみで、設置は業者さんが行なった。

設置に私は立ち会えなかったので、先日初めて桐カウンターを観に行った。


桐カウンター1

綺麗なものである。

材料は国産の桐材で良質なものを使用した。


桐カウンター2

硝子で桐の天板を保護している。

カウンターの両脇には桐を触る事が出来る。


桐カウンター3

桐材はウレタン塗装をしているので、桐素材そのものではないが、やはり優しい感じがする。

綺麗な板目だ。

使って頂いてありがとうございます。

設置した業者さんにも感謝である。

本当にありがとございました。




 

2018-09-19 14:31:39

コメント(0)

折りたたむ

第29回親子による桐木工教室が開催されました。

2018 0917

今日は敬老の日。地元加茂市では、敬老の会のイベントが行われている。

親と伯母達の記念品を頂いて来た。

かなり大勢の人が訪れていた。



先月、親子による桐木工教室が開催された。29回目である。

今年は11月に第30回目が開催される。

早いものである。

このイベントは先着順なので、早目に定員がいっぱいになる。

今回、申込みしたが、参加出来ない方が多くいた。

本当に申し訳ないと思う。

次回、お早めにご応募下さい。




29回親子桐木工教室1

桐ペン立て造りである。木殺しをしている図である。

お孫さんとおばあちゃんのお二人でのご参加である。

お孫さんの笑顔がとても良い。


29回親子桐木工教室2

自由工作のしている図である。

かなり独特で創作力に富んだものがあって面白かった。


29回親子桐木工教室3

午前の部、記念撮影である。

皆さんの笑顔が良い。ありがとうございました。


29回親子桐木工教室4

こちらは、キリで桐に穴を開けている図。

親子で上手くやっている。


29回親子桐木工教室5

こちらは、お父さんがノコギリで切断している図。

お子さんの服装は、まるで工場の祭典用に誂えたようでもある。


29回親子桐木工教室6

自由工作、全体の図である。

手前の子は疲れたのか、ぐたっとなっている。


29回親子桐木工教室7

午後の部、終了である。

この後、恒例のバーベキュー&スイカ割りに移行する。

皆さん、ご苦労さまでした。

本当にありがとうございました。

 

2018-09-17 12:51:25

コメント(0)

折りたたむ

桐ロボット3号を製作しました。

2018 0916

先月の日本橋展示会用に桐ロボットを新しく製作した。

桐ロボット3号である。

昨年までの桐ロボット2号は、旧型になり、傷んで来たので新しく製作してもらった。

早速、製作者からロボットを装着して頂いた。


2018桐ロボット1

製作者の関川君である。

顔が隠れて見えないので誰だか判らないが中身は関川君だ。


2018桐ロボット2

彼は、タッパが183センチもあるので、私が入るよりも見栄えがとても良い。

変身願望は誰にでもあるものだ。



2018桐ロボット3

近づくと結構迫力がある。

まだまだ改良点はあるが、歩く様はぎこちなく、何となく桐たんすが

変身してロボットになった当初のイメージは実現している。


2018桐ロボット4

実際には日本橋のブリッジにいがたでのイベント案内サインになっている。

動かないと実におとなしい感じである。


2018桐ロボット5

お子さんが入った図である。

着ぐるみのロボットだが、このように入って体験もできる。

製作者の関川君、ありがとうございました。

桐ロボットに入って頂いたお嬢さん、本当にありがとうございます。

どうぞ次回もご来場下さい。

2018-09-16 18:03:01

コメント(0)

折りたたむ

昔の上洋たんすを再生しました。

2018 0915

先日、お預かりした古箪笥を再生した。

2.88天丸四の三上洋という型である。

どの位前の桐たんすであろうか。天丸デザインなので戦前のモノではないようだ。

昭和30年代くらいであろうか。


古箪笥上洋1

再生前である。かなり傷んでいた。総桐では無く、三方桐の箪笥である。


古箪笥上洋2

扉の裏である。カビが生えていた。

これらも削って直す。


古箪笥上洋3

斜め前から見た図である。

このような桐たんすは、当時、一般的なデザインであったようだ。


古箪笥上洋4

再生後である。

とても綺麗になった。

金具も新しいシンプルなデザインに換えた。


古箪笥上洋5

扉の中も綺麗になった。

扉の内側のカビも綺麗に除去出来た。


古箪笥上洋6

斜め前から見た図である。


古箪笥上洋7

無事に納まった。

いつもお世話になっている方からのご注文だったので、本当に嬉しかった。

ご注文を受けて、本当に有難いと思った。

Eさま、本当にありがとうございました。

どうぞ今後とも末永く宜しくお願い致します。
 

2018-09-15 17:44:42

コメント(0)

折りたたむ

桐たんすを3本納品して来ました。

2018 0914

昨日、ご注文頂いた桐たんすを3本お届けして来た。

Sさま、本当にありがとうございました。


母から娘への桐たんすである。

この想いが有難いと思う。

本当に感謝である。


桐たんす3本納品1

それぞれ型が違う桐たんすを3本納品した。

納めさせて頂いたお宅は、旧家で古い建築ではあるが、インテリアや家具などに

お客様のこだわりを感じた。

周りは田んぼが多くて、天気が良いのでとても気持ちの良い納品であった。

1階の天井が高く、広い空間があり、昔の住宅は良いなあとつくづく感じた。



桐たんす3本納品2

方才角・昇(3.5四方角六の三)である。

左の桐たんすは、現在お使いの古たんすである。



桐たんす3本納品3

帰りに日本そばのお店をご紹介頂き、ご馳走になった。

美味しいそばであった。


Sさま、ありがとうございました。

どうぞ今後とも末永く宜しくお願い致します。

 

2018-09-14 17:39:53

コメント(0)

折りたたむ

桐たんす教室第10講が開催されました。

2018 0913

先日、桐たんす教室第10講が開催された。

皆さん、本当にご苦労さまでした。


第6回桐たんす教室10講1

台輪にノミを突いている図である。

難しい作業である。


第6回桐たんす教室10講2

こちらは教えている伝統工芸士のカンナさばきを見ている図である。

見るのも大事である。


第6回桐たんす教室10講3

桐たんす天板をサンドペーパーで削っている。

紅一点の彼女は、時に男勝りの職人のようにも見える。


第6回桐たんす教室10講4

右は指導の職人先生、左は生徒である。

偶然にもTシャツが同じ柄である。

まるでお揃いになるように示し合わせたかのようである。

暑い中、本当にご苦労様でした。

あと2回です。

ありがとうございます。

どうぞ今後とも宜しくお願い致します。

 

2018-09-13 08:57:21

コメント(0)

折りたたむ

桐たんすのお引越しをして来ました。

2018 0912

先日、お客様のご依頼で桐たんすのお引越しに行って来た。

私と若手職人の二人で桐たんす二棹のお引越しである。


桐タンスお引越し1

こちらのアパートにある夫婦たんすをお客様の新居である一軒家へ移動した。

実は、当時、お客様からは三棹お買上げ頂いた。

もう一棹は、洋服たんすである。

残念ながら、洋服たんすは、階段の構造上、アパート2階のお部屋に上げる事が出来なかった。

洋服たんすは、ご実家に納めさせて頂いた。

実に苦い経験だった。


今回の二棹の桐たんすはどちらも三つ重ねなので、とてもスムーズに移動出来た。

桐たんすお引越し2

こちらが、新しいお住まいのお部屋である。

同じ市内のアパートからご自宅への移動なので割と近かった。

これらの桐たんすは、ご実家の親御さんからの想いによるものが大きい。

親から娘へのプレゼントの桐たんすであった。


今回の移動は、平日のため、親御さんから立ち会った頂いた。

無事に納まって、本当に良かった。

Kさま、Mさま、本当にありがとうございました。

どうぞ今後とも末永く宜しくお願い致します。
 

2018-09-12 19:41:24

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5