×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

桐の小たんす製作中!

2020 0124

弊社職人、堀君は現在、桐の小たんす製作中である。

四本脚の変わったデザインである。

小たんす製作中!

完成したら、デザイナーさんの許可を得て、このブログにアップ出来ると思う。

ありがとうございます。
 

2020-01-24 17:31:26

コメント(0)

折りたたむ

第8回桐たんす教室受講生の募集

2020 0123

毎日ニュースの話題で事欠かない。

事実は小説よりも奇なりである。

本当に毎日いろいろなニュースが飛び交い驚く事ばかりである。



さて、今年で桐たんす教室も第8回を数える。

下記の通り、ご案内する。締切もあとわずかである。

ご希望の方は、先ずご連絡下さい。




桐の箪笥を作ってみよう。
第8回 桐たんす教室のご案内

期日   令和 2年4月1日から9月30日までの6ヶ月間

募集期間 令和 元年11月15日から令和2年2月1日まで
 
場所 有限会社 茂野タンス店 工房内
    南蒲原郡田上町原ヶ崎新田30-1 電話:0256-57-3610
 
目的 失われつつある伝統技術を末代まで継承するために、また、桐たんすのファン
    層を増やすために桐たんす教室を開校致します。受講生は半年契約で桐たんすを
    製作する初歩技術を学びます。半年後に自分が使用する桐たんすを完成させます。
 
内容 毎月2回のペースで教室に通って頂きます。 弊社作成のカリキュラムに則り、
    座学による桐たんす製作の基礎知識の習得並びに伝統工芸士の製作指導により
    基本的技術などを習得します。その後、自分の使う桐たんすなどを製作していきます。
 
道具 初期の段階では弊社がレンタルします。段階が進み、ご希望の方には任意で購入
    して頂きます。進捗状況により個別にご相談に応じます。
 
面接 募集期間終了後、開校までの間に受講者の面接を行ないます。主催者が面接に
    よって、半年間の教室に耐えうるか、受講生の意思を判断いたします。                            

募集人員 6名
                                 
応募資格 18歳以上の方                           
       (年齢制限の上限はありません。)

参加費  88,000円(税込)  
                            
応募方法 住所、氏名、電話番号、年齢、応募動機を下記の申込み先に電話、FAX、
       ハガキ、電子メールで直接お申込み下さい。

応募締切 令和2年2月1日(土)
                       
申込み先 有限会社 茂野タンス店 
       担当:シゲノカツジ

       新潟県南蒲原郡田上町原ヶ崎新田30-1 
       電話:0256-57-3610  
       FAX:0256-57-5222
       Email  info@kamono.com

第7回桐たんす教室10講002

上記の画像は、昨年の作業風景です。
           
 

2020-01-23 23:48:00

コメント(0)

折りたたむ

昭和57年当時の桐たんすを再生中です。

2020 0122

お客様からお預かりした古箪笥は、昭和57年のものである。

何故、昭和57年と断定出来るのかと言えば、お客様がご結婚した時の桐たんすだからである。

当時、親から娘へのプレゼント(婚礼家具)としての桐たんすである。

また、加茂の桐たんすには、昭和52年以降、伝統工芸証紙が貼られていて、

その番号を見て調べる事も出来る。

昭和52年以前のものは、大体の年代は判るが、正確な製作年は判りづらい。


昭和57年の桐たんす001

この桐たんすは、かなりしっかりしていた。

本体の組手は蟻組であるし、お盆も本丸盆である。

何よりも保管状態が良かったのか、扉の内側の変色が極端に少ない。

新品かと間違えるほどであった。

昭和57年と言えば、約38年間も昔なのにである。

桐たんすの材料も良いのだが、保管も良かったせいで、かなり品質レベルの高い桐たんすである。

本当に感心した。


昭和57年の桐たんす002

残念ながら、この桐たんすを製作したメーカーは、現在は桐たんすを作ってはいない。

再生のご注文を受けて、弊社がそのメーカーの代わりにする事自体は悪いことでは無い。


そのメーカーの職人さん、ご依頼のお客様、本当にありがとうございます。


 

2020-01-22 18:07:13

コメント(0)

折りたたむ

第34回親子による桐木工教室のご案内です。

2020 0121

今年も1月に入ってあっという間に時間が過ぎて行く。

今年はオリンピックとパラリンピックが東京で開催される。

混雑が予想されるのでチケットが当たっても行きたいとは思わないが、

加熱した期間に成る事だろう。


さて、4月に行われる親子による桐木工教室のご案内である。

  第34回 親子による桐木工教室   募集のご案内
 
 期日  令和2年 4月18日(土) 
      午前9時から午後4時30分まで
      
      午前の部:9時~12時まで  
      午後の部:1時30分~4時30分まで
 
 場所  有限会社 茂野タンス店 工場内 

      (南蒲原郡田上町原ヶ崎新田30-1 
       電話:0256-57-3610)
 
 目的  
 桐タンス製作時には、大量の桐端材が発生します。
 それらを焼却することなく、桐小物等に2次利用する
 ことにより、桐材の有効利用(炭素固定)を図ります。
 また、親と子による交流と触れ合う場を提供することで、
 桐素材に慣れ親しんで頂き、桐文化の啓蒙と促進を図ります。
 
 内容  
 桐素材は、軽くて加工しやすいため、小学生児童で
 あっても簡単・安全な道具で、手軽に色々な小物を
 製作する事ができます。当日は、職人指導の元で、
 桐箪笥に使う高級桐材で文具や玩具などの小物を
 各自オリジナルで創作していただきます。最初の
 1時間は、桐小物を製作します。残りの約2時間は、
 自由工作になります。

 募集人員 10組
 (一人の小学生に付き、保護者は何人でも構いません。)

 ※希望に応じて、午前と午後に振り分けます。
 
 応募資格 保護者同伴の小学生 

 参加費  一家族500円(税込)
                   
 応募方法 
 住所、氏名、電話番号、学年、参加人数、
 動機を下記の申込み先に電話、FAX、電子メール
 で直接お申込み下さい。

 応募締切  
 4月16日(木)まで先着順で受付いたします。 
      
 申し込み先   
 有限会社 茂野タンス店 
  
 担当:シゲノカツジ
        
 新潟県南蒲原郡田上町原ヶ崎新田30-1 (〒959-1503)
        
 電話:0256-57-3610  FAX:0256-57-5222
        
 Email: info@kamono.com http://www.kamono.com/

34回親子桐木工教室案内

 

2020-01-21 18:07:50

コメント(0)

折りたたむ

キプロスの猫

2020 0120

年賀状が届いた。

写真家の宇佐美雅浩さんからである。

彼とは昨年の8月、久しぶりに日本橋でお会いし、夜一緒に飲んだのである。

年賀状は、ネコが写っている写真だった。


キプロスの猫

最初は何気なく見ていた年賀状の写真であるが、ネコ目線の面白い構図であり、色彩も素晴らしいと感じた。

聞いてみると、キプロスに撮影に行った際に南側から撮った写真だとの事。

ネコの後ろのドラム缶が、実は南北の境界なのだそうだ。

キプロスの写真撮影は、困難を極めたとお聞きしていたが、その中でも何故かホッとするような写真である。

興味のある方は、「宇佐美雅浩」で検索してみると良い。

結構な数の画像が出て来る。

また、フェイスブックを見る方は下記のサイトでも色々観る事が出来る。

https://www.facebook.com/masahiro.usami.14

キプロスの猫を見て、久しぶりにドキドキした。

宇佐美さん、ありがとうございます。
 

2020-01-20 17:20:45

コメント(0)

折りたたむ

桐のペーパーウエイトはいかがですか?

2020 0119

私は文房具が好きである。

コレクターではないが、好きなペンやノートなどはずっと使い続ける。

日頃使用している手帳もそうだし、ボールペンもそうである。


文鎮が好きで以前は南部鉄器の文鎮を集めていた。

そのうち私も自分用が欲しくなり、会社で商品化する事になった。

約1年半掛かったが、出来たのが下記である。

桐文鎮001

桐ペーパーウエイト

サイズ:横幅71×奥行25×高さ25mm

重量:190g

価格:1,650円(税込)


桐文鎮002

5つ並べてみた。

見た目が軽そうでも持つと重い桐の文鎮である。

中に鉄が入っていて重さは190gである。

私も日常デスクワークの際には、この桐ペーパーウエイトのお世話になっている。

本当にありがとうございます。

 

2020-01-19 17:36:29

コメント(0)

折りたたむ

太田さんの冥福をお祈り致します。

2020 0118

今朝の新潟日報をみて、本当に驚いた。

加茂商工会議所の太田会頭が亡くなったとの記事を見て、ショックであった。

入院したとは聞いていたが、数ヶ月前にも会議でお会いしたばかりと言うのに

本当に残念である。 余りにも急な出来事である。

太田さんには、生前、色々とお世話になった。

会議所で桐たんすの海外販路を作る「加茂木工ブランド事業」など木工業界にとっては

実にかけがえのない存在だった。

ドイツでの展示会が思い出される。

太田さんは、71歳。

本当に惜しい方をなくした。

心より冥福をお祈り致します。

合掌。

2020-01-18 18:37:26

コメント(0)

折りたたむ

小袖四段製作中!

2020 0117

現在、小袖たんす四段を製作中である。

裏板に木釘を打っている。

裏板打ち001

桐たんすは接着剤の他に木釘を使用する。

多いと思うかもしれないが、箪笥の裏板にはこれだけの木釘を打つのが普通である。


裏板打ち002

木釘を打って、飛び出た木釘をノコで切っている図である。


裏板打ち003

5~6年前に小学生が工場見学に来て、こんな質問をした。

「桐たんす1棹に何本の木釘を使用するのか?」

このような質問に当時、私も職人も答えられず、後日答える事になった。

実際に数えてみた。

開き箪笥も昇り箪笥も同じくらいの本数だった。

550本である。

その小学生は創造的な発想をするのだと感心した。

550本も木釘を使用するのは誰も知らなかったからである。

凄い!と驚いた。

当時の小学生に感謝である。

ありがとうございます。

2020-01-17 18:12:31

コメント(0)

折りたたむ

シマト工業へ行って来ました。

2020 0116

先日、三条市のシマト工業へ行って来た。

下記のサイトから入れる。
http://www.shimato.co.jp/index.html

特殊なものを作るのでその相談のためにである。

営業の担当者はとても丁寧に対応してくれ、とても有難かった。

打合せの後、工場見学させて頂いた。

シマト工業は、「燕三条工場の祭典」にも参加している企業である。

本社工場の他、中之口工場、荒町工場、小池工場などいくつも工場がある大きな会社である。

物流機器、農業機械、暖房器具、厨房用品、建設機器、

発電機関連、鉄道関連などの製品と部品を製造している。

シマト工業001

信濃川の土手沿いから見える。

この画像はカタログから引用させて頂いた。


シマト工業002

大型機械が沢山並んでいた。

シマト工業は、昭和25年、創業者斎藤叮次氏が金属プレス加工業から始めた。


シマト工業003

熔接ロボットである。

青白い光が綺麗である。


シマト工業004

本社工場には大きな建物がいくつもあり、そのうちの一つである。

上部には安全第一と書かれた大きな黄色の天井クレーンがあり、重いものを吊り上げて移動している。


シマト工業005

シマト工業006

塗装ラインである。カチオン電着塗装である。

部品一つ一つを吊り上げ、自動で塗装・洗浄・乾燥などを繰り返していく。

とても大型な装置である。

シマト工業007

じっくり観ると、本社工場だけで1時間程度かかるのだと言う。

営業担当の佐藤さん、本当にありがとうございました。

どうぞ今後とも宜しくお願い致します。
 

2020-01-16 23:50:00

コメント(0)

折りたたむ

3.5天角下四大洋を再生しました。

2020 0115

京都のお客様からお預かりして再生した古箪笥を今日お届けして来た。

お母様から娘さんへのプレゼントの桐たんすとなる。

造りが加茂の桐たんすと違う。

京都で造られたものだろうか?


下四大洋再生001

再生前の正面図である。

昔は必ずと言っていいほど、扉に房が付いていた。

現在は逆で、房を付ける事は無くなった。


下四大洋再生002

造りと材料使いが新潟加茂産とは違う。

随所にそれが見受けられる。


下四大洋再生003

斜め前から見た図。


下四大洋再生004

再生後である。かなり綺麗になった。

色が明るくなった。



下四大洋再生005

内部もこのように綺麗になった。


下四大洋再生006

斜め前から見た図である。


下四大洋再生007

お客様のお宅に無事に納品した。

フローリングのお部屋ではあるが、違和感はない。



Yさま、本当にありがとうございました。

どうぞ今後とも宜しくお願い致します。
 

2020-01-15 18:39:50

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5