×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

一羽のサギ

2020 0330

今日は月曜日。

昨日、志村けん氏が新型コロナで亡くなった。

とてもショックである。  ご冥福を祈りたい。



最近、会社の近くに見かける一羽のサギ。

どうしてもサギを見ると集団で移動するイメージなのだが、実際はどうなのか?

最近、良く見かける。 

エサを探しているようにも見える。


一羽のサギ

サギは今まで伝統的にコウノトリ目に属していたらしいが、

最近の近代的な遺伝子解析の分類法ではペリカン目に属することになったようだ。


一羽で寂しくないのか。1週間おきくらいに来て、また、しばらくは来ない。

人間の詐欺はあまり良いイメージは無いが、鳥の鷺はとてもしなやかな感じもする。

しばらく、サギを観察してみた。

どんな事を考えているのか、考えていないのか。

羨ましいのは、空を自由に飛べる事である。

羽があれば、時々は空を飛びたいと思ったりもする。

空を飛べたら、本当に有難いと思う。

 

2020-03-30 18:45:00

コメント(0)

折りたたむ

国道403号線バイパスが開通しました。

2020 0329

今日は日曜日。

東京都知事の発表により、不要不急の外出自粛規制が出て、

昨日今日と都内は閑散としていたと聞いた。

しかしながら、都知事の発表は遅すぎたと感じた。

もっと早く発表していなければと思うが、東京オリンピック&パラリンピックの兼ね合いも

あったのだろうか。



先週の22日(日)午後3時に地元田上町のバイパスが新潟方面までつながった。

田上町は南北に長い町であるが、バイパスが通っている。

このバイパス開通によって、新潟市内から田上町、加茂市のアクセスが早くなる。



403バイパス開通001

新潟方面から田上町に向かう図である。

北から南へ向かっている。


403バイパス開通002

今回、開通したバイパス交差点手前である。


403バイパス開通003

403バイパス開通004

この交差点から新しいバイパスが加茂市まで通じた。



403バイパス開通005

珍しく渋滞が起きていた。恐らく開通を目指してバイパスに乗り込んだ車が多くいたせいだろう。


この403号線バイパスは、新潟市~田上町~三条市へとつながり、いずれは三条燕インターチェンジまで

通ると昔聞いた事がある。三条市まで全通するにはだいぶ時間がかかりそうである。


何はともあれ、めでたいことである。

新潟方面から弊社へお越しの際は、田上町役場の交差点を左に曲がるとすぐである。


国道403号線バイパスが開通して、本当に有難いことである。

ありがとうございました。


 

2020-03-29 19:09:13

コメント(0)

折りたたむ

長岡百穴古墳へ行って来ました。

2020 0328

今日は土曜日。

3月も今日を除くと残すところあと3日間となった。

もうすぐ4月が始まる。



先日、桐たんすの配達の帰り、宇都宮市長岡町にある「長岡百穴古墳」へ寄った。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%B2%A1%E7%99%BE%E7%A9%B4%E5%8F%A4%E5%A2%B3


百穴古墳001

天気の良い日であった。桜が咲きはじめていた。

百穴古墳002

百穴古墳という名前だが、現存するのは52基のみのようだ。


百穴古墳003

説明のパネルである。


百穴古墳004

前に立ち留まる関川君である。


百穴古墳005

中には室町時代から江戸時代にかけて掘られた言われる地蔵菩薩像などがある。

百穴古墳自体は、7世紀前半のものと言われている。

家族の墓だったようだが、とても多くて驚く。

私の先祖もどこかでつながっているのかも知れない。

そう考えると見方が変わってくる。


これらも現存する事自体が有難いなぁと思う。



 

2020-03-28 19:11:48

コメント(0)

折りたたむ

桐たんすの修理&再生のページを作りました。

2020 0327

今日は金曜日。

東京都内では、外出禁止令的なお話が小池知事から発表された。

本当に新型コロナウイルスの影響はどこまで行くのか。

歯止めが利かないような感じである。

今はただ我慢するのみなのか?



最近はお問合せが多いので、桐たんすの再生&修理のページを立ち上げた。

下記のサイトをご覧あれ。

https://www.kamono.com/repair.html


昔のものを長く使用するのは大事である。

段々とモノに愛着が湧き、モノに魂が宿るまで行ったら良いと思う。

言葉に魂が宿ると「言霊」というが、モノに魂が宿ると「物霊」だろうか。

もっと良い言葉があるのかも知れない。

古くなった桐たんすを修理して再度使用し続ける事に価値はあると思う。

この桐たんすを修理出来る技術を後世まで残したいとつくづく思う。

これらの技術は本当に有難いことなのだから。
 

2020-03-27 19:19:54

コメント(0)

折りたたむ

関川作・桐ロケット

2020 0326

今日は木曜日。

天気の良い日であった。

余りにも天気が良かったので、工場の近辺をしばらく歩いた。

もうすぐ綺麗な夕日が地平線に沈むようだ。



今日は、関川作のロケット型の桐オブジェのご紹介である。


桐ロケット001

綺麗な曲線である。


桐ロケット(関川作)

サイズ:高さ165×直径54mm
素材: 本体:桐、脚部:ブラックウォールナット

価格:未定

このようなオブジェは子供にも受けるのだろう。

似たような形状のものがネットでは沢山見られるとのお話である。

これはこれでシンプルデザインで良いと思う。


桐ロケット002

別な場所に置いてみた。

綺麗な形状である。

関川君、本当にありがとうございます。
 

2020-03-26 17:38:22

コメント(0)

折りたたむ

3.5中厚天丸六の三の納品

2020 0325

今日は水曜日。

東京オリンピックとパラリンピックが1年後に延期になった。

新型コロナで世界中が大変な状況になっている中、

ようやくIOCの決定事項として報道された。

もうすぐ3月も終わる。

世の中とても大変な状況でも時間は刻々と過ぎて行く。



先日、栃木県へ桐たんすを配達して来た。

3.5中厚天丸六の三 という型の桐たんすである。


六の三納品001

正面から見た図である。

3.5中厚天丸六の三

サイズ:横幅1,060×奥行470×高さ1,730mm
本体厚さ:27mm  三つ重ね
金具:四分一さがみ梅


六の三納品002

上台の風呂戸を開けた図。


六の三納品003

斜め前から見た図。

この桐たんすは弊社の定番である。

いや、弊社というよりは業界全体の定番商品でもある。

婚礼家具市場が全盛期の時は、多くのこの型の桐たんすが売れたのである。


六の三納品004

フローリングのお部屋に無事に納まった。

Kさま、Tさま、本当にありがとうございました。

どうぞ今後とも宜しくお願い致します。

 

2020-03-25 11:59:58

コメント(0)

折りたたむ

関川作 桐くず箱・小(卓上用)

2020 0324

今日は、火曜日。

箪笥組合の仕事で、新潟県補助事業報告会のため自治会館へ行って来た。



今日は、関川作「桐くず箱・小 卓上用」のご紹介である。


桐くず箱卓上用

このように3色の色がある。

数日前にご紹介した大と同じデザインである。

サイズがずいぶん小さい。


桐くず箱・小(卓上用)

外寸サイズ:横幅136×奥行136×高さ170mm
内寸サイズ:横幅106×奥行106×高さ158mm

重量:220g 

価格:3,300円(税込、送料別)


桐箱の中にビニル袋を入れた場合、フタで袋の端が隠れる構造になっている。

弊社の若手関川のデザインで製作である。

お一ついかがであろうか。


ありがとうございます。
 

2020-03-24 17:08:51

コメント(0)

折りたたむ

支那そば正月屋でラーメン。

2020 0323

今日は月曜日。 今週も会社が始まった。

一日一日精一杯生きよう!



福島県郡山市にある「支那そば 正月屋」へ行って来た。

美味しいラーメンで評判のお店である。

定番の支那そばを注文してみた。


シナソバ正月屋

私はラーメン大好き人間であり、県外へ行くと決まってお昼はラーメンになる。

この正月屋さんは地元でも有名なお店らしく、お店の前はお客さんが行列で並んでいた。

並んでみたが、意外と待ち時間は少なく、すぐに食する事ができた。


正月屋支那そば003

上記は、お店の外観である。

正月屋さんのホームページからコピーさせて頂いた。




支那そば 正月屋  

http://syougatsuya.com/

福島県郡山市桑野2-7-15

電話 024-935-6363

営業時間 11:00〜15:00 L.O. / 17:00〜20:00 L.O.

定休日  水曜日(祝日の場合は翌日)

席数  カウンター10席 テーブル36席

駐車場 14台


支那そば、とても美味しかった。


ご馳走様でした。

ありがとうございます。


 

2020-03-23 19:42:46

コメント(0)

折りたたむ

冨士山自然公園へ行って来ました!

2020 0322

今日は日曜日。

地元の403号線バイパス加茂―新潟間が、全通する日だ。

先程、開通したバイパスを新潟方面から通って来た。

普段は混まないバイパスが渋滞になっていて本当に驚いた。




仕事の都合で栃木県へ行って来た。

冨士山自然公園へ寄ってみた。桜が700本も植栽されており、これからが見ごろだろう。
 

冨士山自然公園

住所 栃木県芳賀郡芳賀町稲毛田2234

電話  028-677-6017

駐車場  北駐車場25台、南駐車場33台

交通   北関東自動車道上三川ICから50分

営業時間  通年・無料

冨士山公園001

案内看板である。


冨士山公園002

このように鳥居があり、公園は小さな山または丘になっている。


冨士山公園003

階段を上って上から見た図。

下の車は弊社のワゴン車、ハイエースである。


冨士山公園004

日曜日だけど人は他にいなくて自然の中でのんびりできた。


冨士山公園005

向うの人影後ろ姿は、まるで有名な俳優のようなシルエットだが、弊社の関川君である。

何しろ身長が183cmもあるので、後ろ姿はとてもカッコイイ。

冨士山公園006

今回、ブログで紹介したかったのは、この絵である。

手前が日陰で、奥は日向である。

手前右の樹木の枝が、「ようこそ」と手で案内しているように感じられた。

とても良い風景だった。

自然の中にいて、心地良い、不思議な瞬間だった。


この瞬間を有難いと思った。



ありがとうございます。

 

2020-03-22 17:45:52

コメント(0)

折りたたむ

関川作 桐くず箱・大 

2020 0321

今日は土曜日。

毎日があっという間に過ぎて行く。

充実しているが、時々は立ち止まって、ゆっくりしてもいるので精神的にも楽させて頂いている。

余り忙しいという感じでは無い。



今日は、弊社若手職人、関川の桐くず箱の紹介である。

関川は、長岡造形大学を卒業後、同大学に指導職員として勤務後、

弊社に入社した若手のホープである。

数年前、三条クラフトフェアで出品したのをきっかけにオリジナル商品を製作するようになった。

この桐くず箱は、彼のデザインで彼の製作である。


関川作桐くず箱001

こちらは青色バージョンの桐くず箱。


現在、3種類の色を展示中である。

桐くず箱・大

外寸サイズ:横幅250×奥行250×高さ302mm
内寸サイズ:横幅216×奥行216×高さ286mm
重量:約920g

価格:5,500円(税込)

桐箱の中にビニル袋を入れた場合、フタで袋の端が隠れる構造になっている。


関川作桐くず箱002

こちらは紫色バージョンである。

桐箱に色付きの紙を上から貼るという発想が私には無い。

若手ならでは発想に関心する。


関川作桐くず箱003

こちらは緑色バージョンである。

緑というよりもヨモギ色といった感じである。

自分でデザインして自分で製作してモノが売れていくというは心地良い事である。


優秀な若手がいて、本当に有難いと思う。

 

2020-03-21 17:24:15

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5