×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記2024

社長日記2024

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

特注・ネオパウ七段の出荷。

2024 0226

今日は月曜日。

昨年の暮れに納めた「特注・ネオパウ七段」をお客様からお預かりして、東京へ送る事になった。

引出しが少し増えていたので職人からカンナで削ってもらった。


ネオパウ7段001

正面から見た図。


ネオパウ7段002

写真だと脚まわりが判りづらいが、四本脚ではない。

本体側板が下まで伸びているようなデザインである。


ネオパウ7段003

上から見た図。

この桐家具の元デザインは、ネオパウNo.12である。

下記のサイトにある。
https://www.kamono.com/item/n0012/



Nさま、この度はありがとうございます。

どうぞ今後とも宜しくお願い致します。

2024-02-26 19:58:00

コメント(0)

折りたたむ

13年前に納めた漆たんすをメンテナンスしてきました。

2024 0225

今日は日曜日。

午前中、自治会の役員会に行って来た。

ここでも少子化の問題が深刻である。



先日、13年前に納めたふき漆仕上げの桐簞笥のメンテナンスに行って来た。

東京千代田区にある立派なマンションである。

簞笥の作業伝票を見ると、ご注文頂いたのは2011年3月14日である。

東日本大震災が同年の3月11日だったので、その3日後に東京の池袋にある全国伝統的工芸品センター

でお客様と待ち合わせしてご注文を頂いた。

待ち合わせと言っても当時は携帯電話がつながらず、また、お店は計画停電などで休業中だった。

それでも私は新潟から新幹線で東京まで行き、お客様も予定通り来てくれた。

本当に有り難い出来事であった。


漆たんすメンテ002

今回、引手金具が緩んで取れていたのと、漆塗装が一部剥がれていたので

そのメンテナンスを行なった。


漆たんすメンテ003

斜めから見るとこんな感じである。

拭漆仕上げは全体的に色が薄くなっているもののムラ無く綺麗な状態である。


漆たんすメンテ001

判るだろうか?

重ねの天板が少し取れて木地が見える。

ここに上から同系色の塗料を塗って目立たなくした。



Kさま、この度は本当にありがとうございます。

久しぶりにお会い出来て良かったです。

どうぞ今後とも宜しくお願い致します。

2024-02-25 18:01:57

コメント(0)

折りたたむ

明治時代の桐簞笥の納品。

2024 0224

今日は土曜日。

明治期に製作された桐簞笥を再生し納品してきた。


明治再生前001

再生前である。


明治再生前002

斜め前から見た図。

右下の扉が閉まらなくなっていた。


明治再生前003

隅金具は錆びてボロボロであった。


明治再生前004

前面上部には、虫で喰われたであろう跡が多数あった。


明治再生前005

天板の板と板の接ぎ目にも虫穴が。


明治再生前006

しかし、金具はとても頑丈でしっかりモノである。


明治再生前007

鍵座である。


明治時代の桐簞笥再生001

再生後。

正面から見た図。


明治時代の桐簞笥002

斜め前から見た図。


明治時代の桐簞笥003

上から見た図。


明治時代の桐簞笥004

とても綺麗になった。


明治時代の桐簞笥005

サビを取り除いて時代色(黒色)に塗装した。

とても綺麗になった。


明治時代の桐簞笥006

一部不足して補充出来ない金具があったが、何とか許して頂いた。


明治時代の桐簞笥007納品

仮住まいのお宅に納品。

お客様は、現在新しい住宅を造るところである。



Sさま、この度は本当にありがとうございます。

どうぞ今後とも宜しくお願い致します。

 

2024-02-24 20:33:00

コメント(0)

折りたたむ

40数年前のヤマハの家具。

2024 0223

今日は金曜日。

天皇誕生日である。

天皇徳仁さまも今日で64歳である。

私とほぼ2歳違うことになる。

私は皇太子の頃と同じく浩宮さまと呼びたくなる。

我々から想像出来ない世界にいるお方だと思う。



お客様のお宅にてヤマハの家具を見る事ができた。

とてもしっかりした造りで何よりもデザインが良い。

とても40数年前のモノとは思えない。


ヤマハ家具001

ヤマハは、現在上記のような収納家具を作ってない。

ヤマハの家具・住宅設備部門が1992年に分社化され、現在はトクラスという会社が

別会社として継承している。トクラスはシステムキッチンやシステムバス、洗面化粧台が主で

あり、上記の収納家具は製作していない。


ヤマハ家具002

桐簞笥屋からすると、扉のハンドルは縦に付けて引出しのハンドルは横使いが普通であるが、

当時のヤマハ家具は逆である。


ヤマハ家具004

引出しの引手である。

ハンドルを縦にするのは他に見た事がない。

ご存じのようにヤマハ株式会社は、日本楽器製造株式会社がその前身であり、

オートバイ製造などのヤマハ発動機はヤマハの二輪部門が独立したものである。

今ではヤマハ発動機の方が大きな会社となったが、元は同じ会社だったのだ。

創業者は山葉 寅楠氏である。山葉(ヤマバ)と濁るようだ。



上記のヤマハの家具デザインは実に斬新である。

私も負けずにモダン桐家具を世界に売っていきたいと思う。

ありがとうございます。



 

2024-02-23 20:30:00

コメント(0)

折りたたむ

桐米びつの製作。

2024 0222

今日は木曜日。

現場では桐米びつを製作中である。


米びつの製作001

現在、桐米びつは回転が速く、在庫を造っても直ぐに売れてしまい、なかなか在庫が出来ない状況だ。


米びつの製作002

ノミで米びつの蓋を加工している図。


米びつの製作003

弊社の伝統工芸士堀である。

毎日仕事をとても頑張っている。

有り難いと思う。

心より感謝している。

 

2024-02-22 21:20:00

コメント(0)

折りたたむ

時代簞笥の金具直し。

2024 0221

今日は水曜日。

先日、明治期に作られた桐簞笥の金具を直した。


2024金具直し001

このようにサビサビである。

これを2種類の金ブラシでサビを落とす。


2024金具直し002

サビを落とした画像。


2024金具直し003

上記の画像は塗装前のサビを落とした時代金具である。

概ねサビは落ちているがサビ跡が残ってもいる。


2024金具直し004

こちらは塗装後の時代金具。


2024金具直し005

かなり綺麗になった。


2024金具直し006

とても綺麗になった。


2024金具直し007

綺麗になった金具をこれから簞笥本体に付けていく作業がある。

Sさま、この度はご注文ありがとうございます。

もう直ぐ完成となります。

また、ご連絡致します。



 

2024-02-21 19:32:00

コメント(0)

折りたたむ

北浦、西浦、霞ヶ浦。

2024 0220

今日は火曜日。



先週の土曜日、配達の帰り、霞ヶ浦の北浦の近くを通ったので車を少し停めてシャッターを切った。


北浦001

この湖は北浦である。

何故、北浦湖ではなく北浦なのか?後で調べてみようと思う。

ここは清々しい場所である。


北浦002

北浦003

北浦004

北浦005

北浦006

しばらく北浦の景色を眺めていた。

自然の営みに感謝である。


 

2024-02-20 20:30:00

コメント(0)

折りたたむ

壬生パーキングエリアでラーメン。

2024 0219

今日は月曜日。



一作日の配達の際に途中、壬生(みぶ)パーキングエリアに立ち寄った。

北関東自動車道上り下りと一般道の両方からアクセス可能なハイウェイオアシスである。


壬生PA003

土曜日で天気が良かったので、家族連れやカップルの方々も多かった。



壬生PA002

美味しそうなラーメンの看板に釣られて食堂へ入った。


壬生SA001

頼んだのは「壬生ラーメン」

特製ではない方である。

醬油味の野菜ラーメンであった。

とても美味しく頂きました。

ご馳走さま。


壬生PA004

とても広いエリアに沢山の人達が訪れていた。


壬生PA005

壬生パーキングエリアのスタッフの皆さん、ご苦労さま。

ありがとうございます。



 

2024-02-19 19:34:00

コメント(0)

折りたたむ

ミカド珈琲でモーニングセット。

2024 0218

今日は日曜日。

東京青山スクエアでの展示会の通勤途上に「ミカド珈琲」がある。

朝、何度かミカド珈琲に立ち寄った。

私はいつもAセットを頼んでいる。とても良いお店である。

静かで接客も良く、トーストも美味しい。珈琲もうまい。


ミカド珈琲001

モーニングセットはこんな感じ。

大きめのトースト、ホットコーヒー、茹たまご、ポテトサラダ、ヨーグルト、グレープフルーツである。

これで860円。

若い頃は量が少ないと思ったが、この年になると丁度良いくらいだ。

休みの前だとホテルのバイキングなどを使うが普段はこの位が良い。


ミカド珈琲002

何と!創業は1948年。戦後まもない頃である。

今年で76年にもなる老舗の喫茶店だ。

ホームページをみると、喫茶店経営よりもコーヒー豆の輸入と販売が主な事業のようだ。



とても良い喫茶店である。

こころより感謝したい。

ありがとうございます。


 

2024-02-18 19:53:00

コメント(0)

折りたたむ

ラ・キリ100Bを納品してきました。

2024 0217

今日は土曜日。

ご注文のラ・キリ100Bを茨城県まで配達してきた。

以前に比べて茨城県は道路が良くなっていた。

北関東自動車道が太平洋側までつながっていて驚いた。


ラキリ100b001

ラ・キリ100Bである。


ラキリ100b002

斜め前から見た図。


ラキリ100b003

上から見た図。


ラキリ100b004

天板、本体側板、前板が全て柾になっていて、本体フレームが見えない構造だ。


ラキリ100b005

引出しを開けるとこんな感じ。

引出しの前板と本体がピッタリ合うように各々45度カットされている。


ラキリ100b006

この位置に立つと台輪が見えず、まるで本体が浮いているようだ。


ラキリ100b007納品

お客様の寝室に無事に納まった。

Iさま、この度は本当にありがとうございます。

どうぞ今後とも宜しくお願い致します。

 

2024-02-17 22:23:00

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5