×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記»  カビた30年前の桐たんすを洗濯して、納品して来ました。

カビた30年前の桐たんすを洗濯して、納品して来ました。

カビた30年前の桐たんすを洗濯して、納品して来ました。

2017 0211

先日、置き場所が悪くてカビてしまった桐たんすを洗濯した。

無事に納品して来た。約30年程前の桐たんすである。

Kさま、本当にありがとうございました。


小山さま古たんす1

「3.5天丸五の三上洋」という型の桐たんすである。

カビた桐たんすの画像を撮り忘れていた。

カビの怖いのは、カビが桐たんすの中にまで入り、着物にカビが移ってしまう事である。


小山さま古たんす2

中も綺麗になった。


小山さま古たんす3

このように無事に納まった。

カビが付かないようにするには、部屋から湿気を取り除く事。例えば除湿器を定期的にかける事。

乾拭きをする事。などがあげられる。桐たんすにカビが発生するという事は、自らカビて、これでは着物が危ないと

危険信号を出しているのと同じである。桐たんすが悲鳴を上げているのである。

桐たんすが生きているような気がしてくる。

実際、桐たんすは職人の手業によって、魂が吹き込まれている言っても過言ではない。


Kさま、本当にありがとうございました。

どうぞ今後とも宜しくお願い致します。
 

2017-02-11 17:46:49

社長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント