×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記»  伝統工芸のきほん「木工と金工」に加茂桐たんすが掲載されました。

伝統工芸のきほん「木工と金工」に加茂桐たんすが掲載されました。

伝統工芸のきほん「木工と金工」に加茂桐たんすが掲載されました。

2018 0123

先日、加茂箪笥組合に問合せがあり、理論社へ写真画像を送った。

その理論社より 「伝統工芸のきほん③ 木工と金工」 が出版された。

加茂桐たんすを簡単に明解に解説している。

一部表現に間違いがあったが、それは今は置いといて、編集者の皆さん、ご苦労さまでした。

ありがとうございました。


木工と金工1

全国の小中学生用の児童書である。

表紙のデザインもわかりやすく、素敵なデザインである。


木工と金工2

全国に伝統的工芸品に指定されている産地は225産地である。

そのうち木工品は32産地もあるようだ。


木工と金工3

金工品は、15産地ある。



木工と金工4

伝統デザインの桐たんすが2棹掲載されている。


木工と金工5

上記は、加茂商工会議所が主管する加茂木工プロジェクトのモダン桐家具である。

デザインは岩倉榮利氏である。

職人さんのアイデアと記載されているが、実際のところ、メーカーとデザイナーとのコラボレーションであり、

アイデアやデザインは、デザイナーからのものが多い。

我々加茂桐たんすの場合、職人は製作に専従している場合が多い。


理論社の編集者の皆さん、ありがとうございました。
 

2018-01-23 11:51:35

社長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント