×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記»  珍しい古たんすを再生しました。

珍しい古たんすを再生しました。

珍しい古たんすを再生しました。

2018 0129

先日、珍しい桐たんすを再生&修理した。

Iさま、Tさま、本当にありがとうございました。

松葉屋家具店古たんす1

古い型のデザインであるが、通常預かる桐たんすと引出しの割り方が違う。

一番違って大変だったのは、木釘の使用よりも金釘の使用が多かった点である。

木釘だと上からカンナ仕上げが出来るが、金釘だとカンナ仕上げをするとカンナの刃がこぼれるので、

金釘を全て抜いてからの仕上げ直しになる。

だから、桐たんすの場合は、通常は金釘を使用しない。

表面から見えない部分に使用する場合はあるのだが、今回のようなケースは初めてである。

どこのメーカーが製作したのかは定かでは無いが、仕上げ直しの場合は非常に困る事になる。


松葉屋家具店古たんす2

しかし、何とか再生出来て良かった。

Iさま、Tさま、本当にありがとうございました。

どうぞ今後とも宜しくお願い致します。

 

2018-01-29 14:04:20

社長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント