×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記»  「話しているのは誰?」展に行って来ました。

「話しているのは誰?」展に行って来ました。

「話しているのは誰?」展に行って来ました。

2019 1130

今月も今日でお終いである。

11月は、東京の展示会があり、北海道への研修旅行があり、

本当に盛り沢山な1ヶ月間であった。

11月3日の文化の日に時間があったので、国立新美術館へ初めて行って来た。

「話しているのは誰?」展が開催されていた。

入場無料なので気軽に観る事が出来た。

誰展002

六本木にある国立新美術館である。



誰展001

とても見応えのある現代美術展であった。


誰展003

最初、この部屋の意味が判らず、しかし、後で映像をみて、しっかりと意味がある事が判った。

この部屋の雰囲気だけでも面白い。アートである。


誰展004

実はこの部屋は暗く、映像が繰り返し流されている。

1回目は意味不明なのだが、数回目で段々と理解できるようになっている。

不思議な空間であった。

このスペースが一番面白かった。


誰展005

こんな感じで画面の下に木製のオールが敷き詰められており、観客は壁際で映像を見続ける。

映像を何度も観ているとオールの意味が判って来る。


誰展006

面白かった。


誰展007

こちらも映像である。

水面の映像を床に映し出している。

かなりリアルなので、まるでそこに水面があるかのようだった。


誰展008

こちらも映像。今回のポスターにも似た写真が採用されている。

どうやって火を手に付けているのだろうか?


誰展009

こちらも意味はあるのだろうが、私には意味不明だった。

ただ、何となく観ていると引き込まれる作品もあった。


誰展010

かなり広い会場で観ている観客の皆さん。


とても良い企画だった。

意味不明でも感性に訴える何かを感じた。

ほんの一部の紹介となったが、本当に良かった。


主催者と作家のの皆さん、ありがとうございました。

2019-11-30 18:09:00

社長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント