×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記»  旭山動物園に行って来ました。

旭山動物園に行って来ました。

旭山動物園に行って来ました。

2019 1201

今日から12月。あと1ヶ月間で2020年の正月を迎える。

年末には田上町除夜の花火が行なわれる。



先日、旭川市への先進地視察の際、2日目に時間が出来たので

有名な旭山動物園へ寄った。

下記のサイトから入れる。

https://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/

旭川市旭山動物園

〒旭川市東旭川町倉沼

電話:0166₋36-1104



旭山動物園001

東門から入場した。


旭山動物園002

レストランもあり、年間入場者数は上野動物園、名古屋の東山動物園に次いで国内第3位、

年間で約137万人(2018年度)もあるそうだ。

『日本の動物園で一般的な、動物の姿形を見せることに主眼を置いた「形態展示」ではなく、
行動や生活を見せる「
行動展示」を導入したことで注目を集めた。』 そうである。
(ウィキペディア:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%AD%E5%B7%9D%E5%B8%82%E6%97%AD%E5%B1%B1%E5%8B%95%E7%89%A9%E5%9C%92


旭山動物園003

11月から冬季期間に入っており、観る事が出来る動物は限られていたが、それでも動物を観れて良かった。


旭山動物園004

北極グマの説明である。


旭山動物園005

水面下の北極クマも観る事が出来る。


旭山動物園006

こちらはかなり近くまで寄って観ている。

アザラシから見た視点の北極クマである。

透明ドーム型の半球体からのぞく事が出来る。


旭山動物園007

これはピクリともしないネコのような動物。

名前を忘れたが、不思議な国のアリスのチェシャー猫のような感じだ。


旭山動物園008

こちらは、シンリンオオカミである。

寒くて丸まっている。

元気であれば、このオオカミを色々な角度から見る事が出来るような設計になっている。


旭山動物園009

こちらはエゾシカである。


旭山動物園010

旭山動物園011

タンチョウツルである。


旭山動物園012

驚く事にイノシシと二ホンザルが同じ檻に入っていた。


旭山動物園013

こちらはカピバラである。

ウィキペディアによると旭山動物園は、2007年度には入場者数307万人を記録し、上野動物園(350万人)

に次ぐ2位だったそうである。

現在はピーク時に比べると入場者数は減ったものの、地方都市で国内3位の入場者は凄いそうである。

夏季にもう一度来たいと思う。

動物と動物園の皆さん、本当にありがとうございました。


 

2019-12-01 20:12:25

社長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント