×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記»  明珍火箸風鈴の音

明珍火箸風鈴の音

明珍火箸風鈴の音

2020 0627

今日は土曜日。

会社はお休みであったが、新潟市北区まで修理の桐たんすを引取りに行って来た。

午後からは家の仕事。




この季節になると、明珍火箸の風鈴の音がとても良い。

何とも言えない音色である。

暑いので窓を全開にしているのだが、風が吹くと明珍の風鈴が鳴る。


明珍火箸風鈴001

明珍火箸はとても有名である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%8E%E7%8F%8D%E7%81%AB%E7%AE%B8


明珍火箸風鈴002

音がとても良い。

これを購入して10年以上経つが、音色は変わらない。


明珍火箸風鈴003

火箸の形をした風鈴である。

明珍本舗は、現当主である明珍宗理さんで52代目だ。

下記のサイトをご覧あれ。

http://myochinhonpo.jp/

平安時代から続き、現在も同じ鍛冶の仕事をしているのは凄いと思う。

元々は甲冑師だった明珍家は、時代が変わると茶室の火箸を作った。

これが評判であったが、それを今は火箸風鈴として製作している。

明珍本舗。

一度見学に行きたいと思う。

毎日の音色がとても良い。

ありがとうございます。
 

2020-06-27 19:04:12

社長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント