×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  過去のブログ2010»  田上町羽生田小学校6年生

田上町羽生田小学校6年生

田上町羽生田小学校6年生

2010 0713

 

 今日、地元の羽生田小学校の6年生の授業で桐タンスのお話をする機会を頂いた。

 

 

 担当のF先生は、偶然にも私の中学校の一つ上の先輩だった。

 

 

 先生から事前に紙でとてもたくさんの質問事項を頂いた。

 

 

 その質問に答えるだけで、授業の時間は終わってしまう程だったので、質問の答えをすべて書き出して、お話の前に配布した。

 

 

 桐タンスと桐の木の話をしたのだが、私も小学生時代を思い出した。実行こそしなかったが、自殺を考えた小学生時代であった。

 

 

 小学生の時、良い先生との出会いがあり、自分も前向きになっていったのを思い出した。

 

 

 私が、授業で一番お話したかったのは、人生はこれからだから、「自分の好きな事をしなさい。」という事だった。

 

 

 小学生の頃から勉強も大事かもしれないが、それよりも好きな事を見つけて、それを実行に移す事が大事である。

 

 

 好きこそモノの上手なり。という諺があるが、自分の人生は、自分で決めて進むべし。

 

 

 小学生の頃から将来の夢を持ち、将来何になりたいかを考える方が良い。勉強よりも最優先して、夢を持つこと。とても大事である。

 

 

 

 そうでないと、一生、奴隷のような人生になる。何のために生きているのか?何のための人生か?誰のための人生か?

 

 

 自分の為の人生だから自分で決めるべし。

 

 

 良いレベルの中学、高校、大学の前に将来、自分は何になりたいのかを真剣に考える方が大事である。

 

 

 

 小学6年生。その輝く目を持つ子がいて、私は、うれしかった。

 

 

 私自身、小学時代は、5年生くらいまで寝てばかりいた記憶がある。

 

 

 私は、小学生に好きな事をしなさい。と言いたかった。

 

 

 

2012-08-22 18:14:00

過去のブログ2010   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://www.kamono.com/app/TrackBack/receivetb/SID/m7087514/EID/192

トラックバック記事一覧