×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  過去のブログ2010»  人はいつ死ぬかわからない。だから、一生懸命に生きる。

人はいつ死ぬかわからない。だから、一生懸命に生きる。

人はいつ死ぬかわからない。だから、一生懸命に生きる。

2010 1221

 

 いつも思うのは、人はいつ死ぬのかわからない。明日なのか50年後なのか、本人でもわからない。だから、毎日を一生懸命に生きるのだと思う。

 

 

 先日、先輩のお通夜に行って、その考えを再認識した。生きている間、とにかく思い切ってやってみるのだ。間違えたら、また、変えれば良いのだ。

 

 

 成功を目指していて、失敗しても、成功するまで行ない続ければ、いつかは成就するのだ。

 

 

 死ねば、すべて、リセットされるのだ。先ずは、生きている間に自分の理想を実現するために毎日を生きよう。

 

 

 

 私の理想は、弊社で製作した、桐たんす、桐家具、桐製品が世の中のお客様を喜ばせ、幸福にして、感動を与える事である。

 

 

 人の幸せに貢献できる。これほどの喜びはない。自分の好きな物が認められ、それが、人を幸せにするのは、極上の喜びである。

 

 

 

 桐でこれからも色々な奇想天外のものを製作したい。

 

 

 それで、世の中の人達に喜んでもらいたい。

 

 

 やる事は、無限にある。

2012-08-22 19:17:00

過去のブログ2010   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://www.kamono.com/app/TrackBack/receivetb/SID/m7087514/EID/211

トラックバック記事一覧