×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記»  ちゃぶ台を改造して納品しました。

ちゃぶ台を改造して納品しました。

ちゃぶ台を改造して納品しました。

2021 0615

今日は火曜日。

一日中仕事だった。

会社を出たり入ったり忙しかった。





以前、桐でちゃぶ台を製作(試作)したのだが、在庫に残っていたのだった。

お客様はその在庫に目を付け、高さを高くして欲しいとのご注文。

このお客様は、毎日のように弊社に来るのだが、目の付け所が違う。

ちゃぶ台改造001

ちゃぶ台の天板と脚の色が違うのが判るだろうか?

脚を新しく製作し、天板下にジョイントした。


ちゃぶ台改造002

上から見た図。


ちゃぶ台改造003

斜め前から見た図。



ちゃぶ台改造004

このちゃぶ台は、元々は脚が無く、天板下に四角のフレームが付いているものだった。

デパートの展示会用に試作したものだった。

天板の高さは150mmとかなり低く、何種類か製作した。

天板の直径は750mmである。

当時、ちゃぶ台の脚を折りたたむのではなく、使わない際に壁に掛けるというコンセプトで試作した。

今回、お客様は高さが低いので高さを300mmにして欲しいとのご注文。

現場の職人と議論の中、色々な案が出て来て、紆余曲折の末、上記のようになったものである。



桐のちゃぶ台の定番商品を開発したいとの思いがふつふつと沸き立って来た。

ご注文のEさま、ありがとうございました。

製作者の関川君に感謝である。

 

2021-06-15 23:42:00

社長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント