×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記»  共存共栄。草刈りをしていて思う事。

共存共栄。草刈りをしていて思う事。

共存共栄。草刈りをしていて思う事。

2021 0617

今日は木曜日。

先日、工場見学に来た新潟薬科大学の学生さんが再び来社された。

加茂桐たんすのレポートの発表であるが、無事に上手く行ったとの事。

担当教授からお褒めの言葉も頂いたそうである。

少しは役に立てて良かったと思う。



今日は、草刈りをした。

毎年草刈りをして思うのだが、なぜ草刈りをしなければならないのかと。

草にとっては甚だ迷惑なお話なのだ、草刈りは。

何故、人間は草刈りをするのか?

一番は景観を保つためだろうか?

衛生面のためだろうか?

どちらにせよ、人間の都合によるもので、植物である草のためではない。

草刈り正雄001

そこで今年は人間である私シゲノは、草刈りを半分だけする事にした。

半分は人間である私の大義「景観のために草刈りをしましたよ。」である。

半分は、草のために残すことにした。

地球温暖化が叫ばれる中、何を好んで植物を減らす必要があろうかと。

草がボーボーでも我々が気にしなければ、一向に問題は無いはずである。


草刈り正雄002

そんな事を考えながら少し休憩。

草刈り機を地面に置いて、休んで写真を何枚か撮った。


草刈り正雄003

そうは言っても草の成長は早く、10日ほど前に草刈りしたところから

新しい別の草が生えて来た。

恐るべし草の成長。

これが人間だったら恐ろしいなぁと思う。

まるでゾンビのようである。



そんな事を考えて草刈りしているとあっと言う間に時間が過ぎて行く。

我々の吐いた二酸化炭素を日々吸収し、代わりに酸素を吐き出してくれる草たち。

本当にありがたいなぁと思うのである。

 

2021-06-17 21:46:00

社長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント