×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記»  道の駅たがみでクラフト展をやっていました。

道の駅たがみでクラフト展をやっていました。

道の駅たがみでクラフト展をやっていました。

2021 1012

今日は火曜日。

昨日は当初「スポーツの日」だったので、カレンダーは祝日のままである。

東京オリンピック開催になったため、急きょ昨日の祝日が7月23日に移動されたのである。

決定が遅かったためにカレンダーは祝日のままなのは判るが、

企業によっては、昨日お休みのところもあったと聞いた。

少し驚いたが、なるほどと思った。




先日の日曜日、道の駅たがみに寄った。

新潟県クラフトマンクラブ主催のクラフト展を開催していた。

道の駅でクラフト展001

渡辺君も出品していた。


道の駅でクラフト展002

こちらはご存知、坪源の栗林君である。

今回も新作を引っ提げてやって来た。

道の駅でクラフト展003

こちらはキリン。背が高い。

古町にある名物食堂前に置いてあるのと似ている。


道の駅でクラフト展004

定番の商品群。


道の駅でクラフト展005

昨年、初めて制作したと思われるアマビエ。

弊社の玄関にも飾られている。


道の駅でクラフト展006

手前のフクロウ(?)も不思議な感じを醸し出している。


道の駅でクラフト展007

こちらは新作のイワナである。8,800円である。


道の駅でクラフト展008

テンセグリティ構造の新作である。

坪源さんは、今回沢山売れたようである。

本人は意識していないようだが、素晴らしいと思うのは、坪源さんのモノ作りへの執着である。

実に多くの作品を制作している。

しかも、全てオリジナルのものである。

他からパクったと本人は言うのだが、しっかりとアレンジして自分の味を出している。


坪源さんを見習いたいと思った。

ありがとうございます。


 

2021-10-12 19:00:18

社長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント