×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  過去のブログ2011»  16年前の桐たんす

16年前の桐たんす

16年前の桐たんす

2011 0629

 

 先日、お客様のご依頼で16年前に弊社で製作した、4尺胴丸の桐たんす2棹を預かって来た。

 

 このお客様とは、とても縁を感じる。行くと、いつも帰りにお茶とお菓子をお土産に頂く。どちらがお客かわからないくらいに気遣いをしていただく。本当に有り難いといつも思う。

 

 この2棹をとても大事にお使い頂いていた。しかし、少しカビが生じたのと、この度、京都に嫁いだ娘さんに仕上げ直しして、納品して欲しいとのご依頼があった。

 

 仕上げ直し(洗濯)に約1ヶ月間程かかり、先日、無事納品になった。

 

 納品の翌日に京都の娘さんから「遠い所、ありがとうございました。帰りは、無事に着きましたか?」とお礼と心配のお電話をいただいた。

 

 こちらこそありがとうございました。感謝いたします。

 

 本当にありがとうございます。

 

 我々は、多くの桐たんすユーザーによって支えられている。

 

 桐たんすが、母の気持ちを娘へ運んでくれる。

 

 我々は、そのお手伝いをしているに過ぎない。

 

 母の娘への想いが、私に伝播して、恩恵を受けた気がした。

 

 何よりも換えがたい、強い気持ちである。涙が出てきた。

 

 子を思う気持ちは、親ならば誰しも強く思うもの。

 

  子供の行いは、無条件で許せる。と最近、親の気持ちがわかるようになってきた。

 

 娘が嫁ぐ時に私も泣くのであろうか。

 

 本当に感謝である。

 

 

 ありがとうございました。

2012-08-22 20:33:00

過去のブログ2011   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://www.kamono.com/app/TrackBack/receivetb/SID/m7087514/EID/235

トラックバック記事一覧