×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記2022»  100年ほど前の古たんすの修理と再生。

100年ほど前の古たんすの修理と再生。

100年ほど前の古たんすの修理と再生。

2022 0621

今日は火曜日。

夏至である。

北半球では、一年で一番昼の時間が長い日である。

ウィキペディアによると、

「北半球では、性欲をかきたてる日とされており、スウェーデンの民族学者によると、

夏至を祝うミッドサマーの祝日から9ヶ月後に生まれる子供が多いという。

ギリシャ北部では、未婚女性がイチジクの木の下に自分の持ち物を置くと、

夏至の魔法により将来の夫の夢を見るという伝承がある。

ポーランドではスラブ民族の祝日、「イワン・クパラの日」の夜には、

人々が恋に落ちるという言い伝えがある。

イギリスのストーンヘンジでの夏至祭りでは、ドルイド教に由来し、

男性神、女性神の出会いを祝う意味があると言われている。」

だそうだ。


一年で一番日が長いのだから、何が起こっても不思議では無い気もする。

日本では夏至にちなんだ祭りは何か無いのだろうか?

 



先日、お預かりした100年ほど前の桐たんすを現在、修理中である。
 

100年前の古たんす再生004

結構ガッチリした簞笥である。

金具も古く、外してこれから錆などを落としてから磨く。


100年前の古たんす再生001

小引出しを小カンナで修理中。


100年前の古たんす再生002

本体は天地が逆さまになっている。


100年前の古たんす再生003


引出しの金具を外して、一部木地を直した。


Hさま、出来上がる頃にご連絡致します。

ありがとうございます。
 

2022-06-21 18:05:09

社長日記2022   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント