×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記2023»  ネコが引っ掻いた桐たんすをお預かりして来ました。

ネコが引っ掻いた桐たんすをお預かりして来ました。

ネコが引っ掻いた桐たんすをお預かりして来ました。

2023 0119

今日は木曜日。

午前中、30年ほど前の桐たんすをお預かりしてきた。

お客様の叔父様が造った桐たんすだそうである。


2023ネコ001

正面から見た図。向かって左側がかなり削れている。


2023ネコ002

ネコちゃんは同じ場所を集中的に引っ掻いたようだ。


2023ネコ003

元々3匹のネコちゃんを飼っていて、とても可愛かったようだ。

とても可愛くて桐たんすが傷ついても為す術も無く、そのままにしていたようだ。

3匹のネコの内、21歳で亡くなったネコちゃん1匹以外は未だ生きていて18歳と聞いた。

人間年齢だと一体何歳になるのだろうか?


2023ネコ004

正面の風呂戸にも沢山のキズがある。


2023ネコ005

引出しの前板がこのように傷ついたのは初めてみた。

しかし、全て元の状態に直せるというのが桐たんすの不思議である。

Yさま、出来上がる頃にご連絡致します。

ありがとうございます。


 

2023-01-19 19:29:00

社長日記2023   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント