×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  過去のブログ2012»  柿を頂きました。

柿を頂きました。

柿を頂きました。

2012 1025

 先日、フトンたんすを納品したW様宅で私にとって初物の柿を頂きました。

 ご馳走様でした。ありがとうございました。

 その際に、以前納品した桐のダイニングテーブル(木地仕上げ)を見て、大事に使っている様子。

 とても感心しました。

 桐のテーブルというと「柔らかくて絶対無理!」という方もいますが、実際はそうでもないと思います。

 まして、木地仕上げ(無塗装)だと「さらに絶対無理!」と言う方もいますが、実はそうでもないのです。

 無塗装の木地仕上げの方が、メンテナンスがしやすいのです。

 桐ダイニングテーブル

 何よりも肌触りが良い。国産の桐の木目とその肌触りは何とも言えません。

 桐の木が昔から「木の女王」といわれるのがわかる気がします。

 私は、桐たんすを会社として多く製作してきましたが、桐の木地の肌さわりがこんなに良くなかったら商売を途中で止めていたかもしれません。それくらい肌触りが良いのです。なんとも言えないのです。

 すべすべしていますが、しっとりしているのです。つるつるとも違います。女性の柔らかい素敵な肌に近いものがあります。

 素敵な感触なのです。

 この感触は、画像では伝わりません。弊社のショールームまで来て、さわって頂くほかありません。

 さわるたびに、私は桐の木に感謝しています。

 本当にありがとうございます!

2012-10-25 20:08:11

過去のブログ2012   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://www.kamono.com/app/TrackBack/receivetb/SID/m7087514/EID/382

トラックバック記事一覧