×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  過去のブログ2013»  昭和53年の箪笥

昭和53年の箪笥

昭和53年の箪笥

2013 0317

 先日、弊社のお客様、T様へ箪笥のメンテナンスに行ってきた。

 下記の箪笥は、昭和53年当時、婚礼たんすとして、お買い上げいただいたものである。

 夫婦たんすとして、今でもお使いいただいている。

 今回のメンテナンスは、この開きたんすと一対の整理箪笥の引出がきついと言うので引き出しの調整に行ったのである。

 この当時の箪笥は、総桐たんすだけでなく、いわゆる「和洋折衷たんす」と言う箪笥も弊社は製作していた。

 和洋折衷たんすと言うのは、基本的に中味は総桐たんすと同じ桐なのだが、外見の部分に水に強いケヤキの突き板とウレタン塗装をした、当時としては、現代的な箪笥であった。


 坪谷さま昭和53年のたんす

見栄えは、普通の洋家具となんら変わりが無いのだが、ほとんど桐箪笥と造りが同じなので、しっかり作っていた。

見た目も表面は、桐たんすよりも劣化が少なく、35年前の箪笥とは思えないほどの感じであった。

昭和53年、当時、私は高校生。時代は変わるのだと痛感した。

Tさま、本当に長くお使い頂き、ありがとうございます。

心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。
 

2013-03-17 19:24:02

過去のブログ2013   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://www.kamono.com/app/TrackBack/receivetb/SID/m7087514/EID/428

トラックバック記事一覧