×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  過去のブログ2013»  カビのタンスをお預りしました。

カビのタンスをお預りしました。

カビのタンスをお預りしました。

2013 0319

 先日、お客様から10年前に弊社が製作&納品した、カビの生えた桐タンスをお預りした。

 桐タンスは、カビないと思われている方もいるが、置く場所によっては、桐タンスもカビるのである。

 カビたんす1

カビたんす2

カビたんす3

カビた桐タンスは、お預りして、削り直し&洗濯するのである。

この写真の桐タンスも現在修理進行中であり、あと2週間もすれば、よみがえる事になる。

桐タンスがカビない方法は、基本的に乾拭きである。

湿気の多い部屋に置かない事も大事だが、基本的に乾拭きである。

毎日とまではいかないまでも、気が付いた時に乾拭きして、埃を取り除くだけで、カビは先ず発生しない。

カビは、タンスに直接着くというよりは、最初は桐タンスの上の埃に着くからである。

乾拭き。それが、一番大事なお手入れ方法である。

乾拭きすると、愛情が桐タンスに伝わり、桐タンスもカビない。

それどころか、表面に光沢ができ、さらに長く使えるようになる。

桐タンスがカビるというのは、逆に着物を守る為に、自らカビて、使用者にここに置いておくとまずいよ。と

教えてくれているのである。

桐タンスさん、ありがとう。

本当に感謝しております。
 

2013-03-19 23:23:26

過去のブログ2013   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://www.kamono.com/app/TrackBack/receivetb/SID/m7087514/EID/430

トラックバック記事一覧