×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記»  箱根寄細工へ行ってきました。

箱根寄細工へ行ってきました。

箱根寄細工へ行ってきました。

2013 0630

 先週、箱根寄細工の産地メーカーへ行ってきた。

 本間美術館と露木木工所、箱根やまぼうしへ行ってきた。

 箱根寄席細工の歴史を製作工程を勉強した。

 この地にあって、非常に珍しい木工品と言える。全国的に見ても、世界的にみても、特殊な技術と言える。

 薄いズクを張り合わせる技術、ムク材といわれる塊りを削りだす技術、木象嵌の技術、など色々な種類の木材を多様に組み合わせて、模様にするのは、とてもデザインセンスと技術を要求されると思う。

 本当にすごいと感じた。なぜ、昔は、漆塗装だったのが、現在は、ウレタン塗装が主流なのかも理解できた。



 下記の画像は、箱根町の箱根やまぼうし(浜美枝さん宅)で開催されていた、露木清高展である。


露木8

露木7

露木6

露木5

露木4

露木3

露木2

露木1

箱根やまぼうしは、浜美枝さんのご自宅にある。

ご存知の通り、浜美枝さんは有名な女優さんである。



桐たんすにもこの箱根寄細工の考え方があるともっと商品に幅ができるだろう。

と考えていたら、すでに加茂桐箪笥の先輩メーカーは、かなり前からこの寄木の概念を箪笥に盛り込んでいた。

寄木のようなズクを使うのではなく、柾材単板を寄せ合せ、市松にしたり、色々な模様にしていた。

弊社も真似て、もっと商品に幅を持たせよう。



本間さん、露木さん、本当にありがとございました。

今後ともヨロシクお願い致します。
 



2013-06-30 11:32:15

社長日記   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://www.kamono.com/app/TrackBack/receivetb/SID/m7087514/EID/463

トラックバック記事一覧