×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記»  中国の桐研究所から常さんが講演に来ました。

中国の桐研究所から常さんが講演に来ました。

中国の桐研究所から常さんが講演に来ました。

20150914

先日、中国から桐研究所の常さんが加茂に来られた。

私の友達の王さんの紹介で、急遽、桐に関するセミナーを開催する事になった。

主催は、王さんのワンアジア株式会社である。

セミナーのお話を聞いてみて、中国は我々よりも桐に関する研究は進んでいると感じた。

桐の特性を研究し、培養し、原種9種と亜種2種の掛け合わせで100種以上の桐の木があると聞いた。

中国は、昔と違い、桐の木を日本だけなく、アメリカやヨーロッパにも多く輸出しているそうだ。

しかも、家具材よりも建材としてだ。主に外壁材とのお話である。

桐の木を外壁材に使用する発想を持つ日本人は、何人もいないだろう。

常さんセミナー1

タイトルである。

常さんは若い。私よりも一つ下である。


常さんセミナー2

ワンアジアの社長王さん(右)と今回の講師の常さん(左)である。


常さんセミナー3

桐たんす業界の人、木工関係の人、市役所や新潟県の人、多くの方々がセミナーに参加した。

常さん、色々なお話して頂き、有難うございました。

2015-09-14 19:34:45

社長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント