×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記»  伝統的デザインの小袖たんすを出荷致しました。

伝統的デザインの小袖たんすを出荷致しました。

伝統的デザインの小袖たんすを出荷致しました。

2015 1009

今日、伝統的デザインの小袖たんすを出荷した。

型名は、「3.5天丸小袖七の三」である。 

一本立タイプでは無くて、二つ重ねタイプの桐たんすである。

元になった桐たんすは、三つ重ねの「3.5天丸七の三」である。

お客様のご注文により、上台部分の風呂戸スペースをなくして、二つ重ねにしたわけである。

桐谷舘さま小袖たんす

およそ昭和40年代から続くデザインである。

横幅は、外寸で1,060mmである。

下三段の大引出は、外寸高さサイズが155mmである。中段の引出は、外寸高さサイズが120mmである。

一番上は、三ツ割と言って、小物を入れる小引出しになる。三ツ割の外寸高さサイズは、110mmである。

真ん中に付いている丸いのは、引明と言って、鍵座である。鍵を掛ける事が出来るのである。

Kさま、Tさま、本当に有難うございました

どうぞ今後ともヨロシクお願い致します。

2015-10-09 17:08:52

社長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント