×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記»  桐のテーブルのメンテナンスに行って来ました。

桐のテーブルのメンテナンスに行って来ました。

桐のテーブルのメンテナンスに行って来ました。

2015 1015

ふき漆仕上の桐テーブルのメンテナンスに行って来た。

桐と漆は相性が良いと思う。

ふき漆だと桐の木目がそのまま質感として残り、漆は水をはじくので実用的である。

ノリおばさん桐テーブル1

とても長く使って頂いている。天板と側板はほぞ組で堅牢な造りである。

お客様が桐のテーブルを選ばれたのは、桐は軽いので移動がとても楽だからと聞いた。


ノリおばさん桐テーブル2

逆サイドから見たテーブルである。

桐のテーブルは、柔らかいので削れることがある。

そうすると木地が出て、赤茶色の漆に白い木地が目立つようになる。

メンテナンスとは、白い木地に補修用の塗料を塗るのである。

Nさま、本当に有難うございます。

これからも宜しくお願い致します。

2015-10-15 17:42:17

社長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント