×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記»  古たんすの削りに行って来ました。

古たんすの削りに行って来ました。

古たんすの削りに行って来ました。

2015 1031

先日、古たんすの引き出しがきついと言うので、削りに行って来た。

小宮さま古たんす削り1

100年近く前の桐たんすだと言う。

一番上の大引出しがきつくて、閉まらない状態である。

引出の上の重ね天板が下へたわんで、引出しと当たっているようだ。


小宮さま古たんす削り2

職人が、引出しの裏板を削っている図である。

小宮さま古たんす削り3

かなり一所懸命に削っている。

桐たんすなのだが、底板は杉の柾材を使用している。

昔のたんすは、底板が杉材は珍しくないが、杉の柾材は珍しいと思う。

普通は、杉の板目材だ。

昔の桐たんすにしては、かなり大きいたんすである。横幅が1,180mmもあった。


小宮さま古たんす削り4

今度は、引出しのホテ板(側板)を削っている図。

カンナ屑がいっぱい出るので、下に家具用フトンを敷いている。


小宮さま古たんす削り5

お客様の窓から見えるスカイツリーである。

今回は、お寺のお客様の引出し修理であった。

Kさま、有難うございます。

引出しが増えたら、また、削りに来ます。

どうぞ今後ともヨロシクお願い致します。

2015-10-31 13:46:16

社長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント