×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記»  8年程前の桐たんすを再生&修理し、納品して来ました。

8年程前の桐たんすを再生&修理し、納品して来ました。

8年程前の桐たんすを再生&修理し、納品して来ました。

2015 1107

8年程前に納めた桐たんすを再生&修理した。

今日、無事に納品して来た。ありがとうございました。

なぜ、再生&修理したのかと言うと、桐たんすにカビが生えたからである。

桐たんすは、カビないと誤解しているお客様も中にはおられるが、桐たんすは、カビる場合もある。

適度な湿気とホコリがあると、桐たんすもカビるのだ。

元々、着物を守る箱なので、湿気に多い所であると、中の着物は守るが、外側からカビていく。

ここは危ない、と桐たんすが教えるのである。

カビの菌が、桐たんすの中に入ると、着物もカビる場合があるので要注意である。

桐たんすがカビない為のメンテナンスの方法は、乾拭きである。

普通のタオルで良いので、暇な時に桐たんすを乾拭きする事をお勧めする。

ゆたんと言う桐たんすのカバーがあるが、湿気の多い所でゆたんをかぶせっぱなしであると、逆効果である。

天気の良い日に、時々、ゆたんを外して、桐たんすに空気を当てるのが良い。

浅香さま胴丸下二大洋再生1

綺麗になった桐たんすである。

照明が暖色系なので、桐たんすの色が、少しオレンジ色に見えるが、実際は黄色に近い色である。

浅香さま胴丸下二大洋再生2

9枚盆の桐たんすである。

整理の上手いお客様のようで、お盆に着物の種類をプリントしてシールで貼られていた。

賢い方法である。

とても大事にお使いだと思いました。

Aさま、本当にありがとうございました。

どうぞ今後ともヨロシクお願い致します。



2015-11-07 18:35:33

社長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント