×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記»  古い小袖たんすを再生しました。

古い小袖たんすを再生しました。

古い小袖たんすを再生しました。

2015 1115

一昨日、パリで同時多発テロが起きた。120人以上の方々が亡くなられた。

冥福を祈りたい。

テロは、先月、トルコでも起きた。100人以上の方々が亡くなった。改めて、冥福を祈りたい。

世界中で毎日、戦争やテロで多くの人が亡くなっている。

悲しい事だ。

それらと比べると日本は、平和である。

平和でない事件も起きるが、中東の国などに比べると本当に平和である。

人は、何のために生きているのか。

決して、自爆テロや戦争のために生きているのではないと思う。

今の私には、祈る事しか出来ない。

戦争が起きる悪いイメージを強く持たず、平和になるように祈るのみである。



そんな中でも今の私は、モノづくりに没頭できる環境にいる。

この環境に素直に感謝したいと思う。

本当に有難いとおもう。

今の平和な環境に有難いと感謝したい。



先日、お預かりした、古い桐の小袖たんすを再生した。

渡辺さま小袖たんす4

恐らく70年程前の桐たんすだと思う。

今回、お預かりして、約5ヶ月間も掛かった。

お客様のご都合もあるが、手間がだいぶかかった。

渡辺さま小袖たんす1

通常は、トノコ仕上げで再生するのだが、今回は、焼杢仕上げにする事になった。

時間がかかった理由の一つは、それにある。

引手の金具は、新しいものに替えた。


渡辺さま小袖たんす2

手前みそで恐縮だが、かなりレベルの高い仕事が出来たと思う。

Wさま、本当にありがとうございます。

どうぞ今後ともヨロシクお願い致します。



桐たんすのように、テロで亡くなった人も再生出来ると、どれだけ救われる事か。

とても無理な事を考えてしまった。

今は、ただ感謝の気持ちのみである。

2015-11-15 19:58:43

社長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント