×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記»  23年前の桐たんすを修理しました。

23年前の桐たんすを修理しました。

23年前の桐たんすを修理しました。

2015 1226

先日、23年前に納めた桐たんす二棹の修理の依頼があり、修理して無事に納めた。

Mさま、長く大事に扱って頂き、ありがとうございます。

今回は、洋服たんす2棹の裏板修理であった。

2棹とも裏板が、パックリ割れていたので、桐材で埋め木した。

特筆すべきは、金具である。

洋白金具の綺麗な事である。

23年間、経過しているのにも関わらず、劣化していなくて、とても綺麗である。

志田美穂さま洋白金具吊洋たんす1

当時は、とても高い金具というイメージしか無かった。

使用される場合もあまりに高額な為に限られていた。

志田美穂さま洋白金具吊洋たんす2

二棹とも胴厚タイプのがっちりした桐たんすである。

横幅が、4.0尺と4.3尺タイプとでかなり大型なのである。

この場所は、仮置きで、後日、新築のお宅へ移動する事になる。

Mさま、本当にありがとうございました。

どうぞ今後とも宜しくお願い致します。

2015-12-26 10:57:25

社長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント