×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記»  第50回ミス雪椿審査会に行って来ました。

第50回ミス雪椿審査会に行って来ました。

第50回ミス雪椿審査会に行って来ました。

2016 0406

先日、加茂市のミス雪椿第一次審査会に行って来た。

今回で節目の50回である。半世紀前から開催していることになる。

スゴイ事である。

一時期、全国的にミスコンが女性へのセクハラだとの認識から、中止になる傾向があった。

しかし、加茂市は、継続して開催している。

実際のところ、応募する女性は審査員の前に自分をさらけ出すような面もある。

自分に自信が無ければ、まずは応募しないと思う。

綺麗だからという理由だけでは、応募しても落選するのは自明の理である。

応募する女性に余程の覚悟が無ければ、全ては水泡に帰するのである。

もしくは、女性としてミスとして、天分をお持ちで努力せずとも備わっているかである。

どちらにしても、ミス雪椿になる覚悟と情熱の持ち主でなければ、過酷な審査会に耐えられないと思う。


ミス雪椿審査会1

審査会に参加してみて感じるのは、落選するのには惜しいという方が多くいたと言う事である。

出来れば、全員オーケーにしてみるのも方策ではなかろうか。

応募者全員をミス雪椿にする。

AKB48だって48人もいるのだから、応募した方々全員をミス雪椿にして、入れ替わり、イベントに参加するはどうだろうか。

この意見は、実はすでに市長が言った内容と同じなのである。

加茂市の姉妹都市の大島市のミス大島とミスあんこは、既に多くの方々が単年度で選ばれるのだそうである。


ミス雪椿審査会2

今回1次審査で選ばれた10名の方々が記念品を受け取っている。


ミス雪椿審査会3

審査委員も大勢参加している。

私は、加茂箪笥組合の代表としての参加である。

関係した皆さん、ご苦労さまでした。

ミス雪椿候補の皆さん、応募したが落選した皆さん、本当にご苦労さまでした。

過酷な審査会は、皆さんの人生の通過点に過ぎません。

どうぞこれからも加茂市をヨロシクお願い致します。

本当にありがとうございました。

2016-04-06 07:29:00

社長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント