×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記»  婚礼の桐たんすを製作しました。

婚礼の桐たんすを製作しました。

婚礼の桐たんすを製作しました。

2016 0530

考えてみると、婚礼家具と言うのは日本だけではないだろうか。

婚礼家具の定義は、「婚礼に際し、親から娘などへプレゼントする家具」である。

昔は、婚礼3点セット、5点セットなどがあり、家具屋は婚礼家具を配達する際の祝儀でかなり潤ったそうである。

桐たんす屋も例外でなく、当時、婚礼桐たんすが多く売れて、儲かったと聞いている。

現在は、婚礼時に家具を持たせるという風習が少なくなった。

それでも弊社ショールームには、婚礼家具を購入しに遠方からお越しになる方がいる。



先日、ご注文があり、婚礼の桐たんすを製作した。今日、梱包して出荷した。

桐たんすは、柔らかい桐で出来ているので、梱包には気を使う。がっちり木枠で梱包した。

松井家具珠村さま1

赤トノコと黄トノコの中間色である。

横幅1,120mm、箪笥屋的な表現だと3.7尺幅となる。

3.7天胴丸下三中洋 という型名になる。

松井家具珠村さま2

三つ重ねタイプである。

お盆は5杯。扉内には内小引出しが3杯付いている。


松井家具珠村さま3

金和紙藤という金具である。この箪笥の色には似合う金具である。

松井家具珠村さま4

引手金具は、丸かんである。

丸かんは、スタンダードの引手金具である。

Mさま、Tさま、本当にありがとうございました。

どうぞ今後とも宜しくお願い致します。
 

2016-05-30 20:43:44

社長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント