×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記»  桐丸太の木はずみに行って来ました。

桐丸太の木はずみに行って来ました。

桐丸太の木はずみに行って来ました。

2016 0708

先日、桐たんすに使用する桐丸太の木はずみに行って来た。

これらの丸太が実際に桐たんすになるのは、だいたい3年後くらいだろう。

木はずみは、実に地味な作業であるが、大事な作業でもある。

丸太の長さを節目で切断したりする作業である。

長年、桐材を扱っている業者さんと一緒に木はずみをした。

Kさん、ありがとうございました。


桐の木はずみ1

チェーンソーで丸太を切断していく。

弊社の坪谷は、切断する箇所にマーキングしていく。


桐の木はずみ2

桐丸太の小口を見ると、性質が良いかどうかが大体わかる。


桐の木はずみ3

これら桐丸太は、すべて新潟県産材である。


桐の木はずみ4

これらの桐の原木が、約3年間の長い工程を経て、綺麗な桐たんすに変わる。

考えてみると、箪笥屋というのは、桐の木と言う自然の力を得た商売である。

正に有難いと強く思う。



ありがとうございます!

m(_ _)m
 

2016-07-08 19:16:06

社長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント