×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ショールームのご案内

ブログのご紹介

facebook

KAMONO新聞 バックナンバーはこちら

過去に放映されたテレビ番組一覧

メール会員登録

伝統マーク

加茂桐箪笥協同組合

HOME»  ブログ記事一覧»  社長日記»  カビてしまった桐たんすを再生しました。

カビてしまった桐たんすを再生しました。

カビてしまった桐たんすを再生しました。

2017 0107

数年前にお買上げ頂いた桐たんすがカビたとのお話。

早速、引き取って、先月、カビた桐たんすを仕上げ直して再生した。


松本さまカビたんす5

カビた状態である。全体にカビが増殖していた。

着物にはカビが付かなかったと聞いてホッとした。


松本さまカビたんす6

お手入れの仕方は乾拭きである。

カビは、湿気だけではカビない。桐たんすにホコリが着いた状態でそこにカビが発生する。

桐たんす+ホコリ+カビの菌+湿気=カビた状態 となる訳である。


松本さまカビたんす1

金具を外して、桐たんす表面の塗装を全て取り、木地にしてから、さらにカンナで削る。

その後にもう一度トノコ仕上げして、金具を付けて、上記のような元の状態になる。


松本さまカビたんす2

ご覧の通り、とても綺麗である。


松本さまカビたんす3

2階であったが、無事に納まった。


松本さまカビたんす4

開けても綺麗。

Mさま、本当にありがとうございました。

どうぞ今後とも末永く宜しくお願い致します。

 

2017-01-07 16:53:22

社長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント